最近の記事

2010年06月23日

〔NAPイベント〕 10月3日、ワークショップ開催決定!!


2010年10月3日(日) 

こどもたち × 現代美術!

奈良県立図書情報館にて、現代美術家の西尾美也さんによる古着をつかったワークショップ開催決定!!


越後妻有アートトリエンナーレ2009」や、「レゾナンス共鳴」(サントリーミュージアム 天保山)など、展覧会で西尾さんの作品に感動したという方も多いはず。
かくいうわたしもその一人。妻有で観た西尾さんの作品は、時を経て大人になった家族がこどもの頃に着ていたのと同じデザイン・色の服を着て記念撮影したもの。同じ服を着ているこどもの頃の写真と、大人になった今の写真。緑の中に、その写真が大きくプリントされた布の作品がすっくと立っていました。

対比の面白さ、アートとしての面白さはもちろんでしたが、緑のなかにいきなり作品が立っているということの斬新さ。
人と服の関係に主眼をおいた作品を観たあとで、実際にそのモデルになった方を近くの民家前で発見! というすばらしいおまけまでありました。
(写真のなかでは、昔はこどもたちのお父さん。今は好々爺といった感じの方でした。)
会話して握手していただくという交流から、アートが人をつないでいくことを実感した出来事でした。


西尾さんの作品になるやいなや、布は単なる「布」という物質ではなくなり、まるで言葉をもつかのよう。
「服という記号」だったり、あるいは「物質としての存在を超えた、ちからをうみだす源」だったり。
そんな魅力ある作品を次々と発表し続ける西尾さんが、NAPでワークショップを開催。
みなさん、10月3日は予定を空けてお待ちくださいね。


西尾さん発行のニュースメールが届いています。
なんと! 来年3月のナイロビレジデンスに参加アーティスト公募のお知らせです。
今秋を奈良でNAP三昧ですごした後、来春ナイロビへ旅立つ…というアーティストが
このブログをご覧のなかからうまれるかもですね!
ナイロビレジデンス応募に興味のある方は、下記要綱を読んで、直接ご応募ください。
NAPでは受付をしておりませんので、宜しくお願い致します。



★☆☆☆★☆☆☆★☆☆☆★☆☆☆★☆☆☆★☆☆☆




Yoshinari Nishio News Mail Vol.012

西尾美也ニュースメールVol.12では、
ナイロビ・アートプロジェクトに関する情報をお届けします。
興味を持って頂けそうな方々にお勧め頂けると幸いです。

---index--------------------------------------------------
1.ナイロビ・アートプロジェクトvol.3
Nairobi Residenceについて
アーティスト公募概要
サポーター募集
2.トークイベント
7/5「Tokyo Art Research Lab 世界の現場からTalk&Cast Vol.2」(TOKYO ART POINT PROJECT ROOM 302、東京)
------------------------------------------------------------

1.ナイロビ・アートプロジェクトvol.3
□Nairobi Residenceについて
このたび西尾工作所ナイロビ支部では、ナイロビ・アートプロジェクト第3弾企画「ナイロビレジデンス」を実施いたします。 西尾工作所ナイロビ支部はこれまでに、ケニアの芸術文化機関と提携し、首都ナイロビの生活圏で地域住民を巻き込んだアーティスト主導型のアートプロジェクトを実験的に行ってきました。同時代を共につくるコラボレーターとしてアーティストと地域住民が日常の生活環境のなかで創発的に関わり合うことをとおし、両国の芸術文化交流に双方向性と多様性を加えるために以下の5つの目標をかかげ、「ナイロビレジデンス」を実施いたします。@芸術文化活動を通してオルタナティブなアフリカ・日本を発見し、双方の地域に両文化を紹介する機会を創出すること。Aアフリカで現代芸術に関わる諸機関・個人とのネットワークを構築し育成すること。B日本人アーティストやスタッフとの協働作業を通して、アフリカ地域の芸術文化分野の人材育成に貢献すること。C実験精神に富む独創的な日本人アーティストに総合的世界観の形成とユニークな制作発表の場を提供すること。Dナイロビの公共空間でのアートポイント創出による地域のリハビリテーションを促進すること。
西尾工作所ナイロビ支部 公式ウェブサイト▶http://ynw-nairobi.blogspot.com/

ナイロビ・アートプロジェクトvol.3 “Nairobi Residence”
主催:西尾工作所ナイロビ支部
助成:国際交流基金
後援:在ケニア日本国大使館広報文化センター、日本学術振興会ナイロビ研究連絡センター
協力:Nairobi Arts Trust/Centre for Contemporary Art of East Africa


アーティスト公募概要
【概要】
ケニア共和国ナイロビ市の各地区で、公募選出による日本人アーティスト数名がケニア人スタッフや地域住民と協働して、1ヶ月間の滞在制作と展示を行います。両国のスタッフとアーティストはスタジオ複合施設 GoDown Arts Centre 内の Nairobi Arts Trust を拠点に集い、シンポジウムやアーティストトーク、ワークショップなどを各地区にて企画、 開催します。どこでどのように制作展示を行うかについては、原則的にアーティストの意向を尊重して決定し、西尾工作所ナイロビ支部のスタッフが交渉と調整に取り組みます。帰国後にドキュメント展示とシンポジウムを東京と大阪でも行う予定です。

【レジデンス実施期間】
2011年3月1日(火)〜3月31日(木)[31日間]

【帰国報告会】
2011年4月中旬
東京と大阪にてドキュメント展示とシンポジウムを開催(会場未定)

【募集の対象】
現代芸術およびそれに近いジャンルで活動するアーティスト
*年齢制限はありません(学生可)。
*日本国内に活動拠点を持つもの。
*グループでの応募も可能ですが、支援内容は1名分のみとなります。

【募集の人員】
若干名(1〜2名/組)

【応募条件】
・選出された場合、指定の実施期間中、ナイロビに滞在できること
・健康状態が良好で、途上国での生活が精神的、生理的に可能なこと
・現地の治安状況や政治経済に関する最新情報の収集に努め、保身のための自己管理ができること
・日常生活および創作活動に必要な最低限度の英語力を有していること
・制作風景や作品展示、ワークショップ時の記録写真などを西尾工作所ナイロビ支部の広報活動に提供する意思のあるもの
・ナイロビでの滞在中と帰国後、レクチャーやワークショップなどのプログラムに積極的に参加する意思のあること
・帰国報告会の準備作業に積極的に協力できること

【支援内容】
・日本とケニア間の往復旅費(西尾工作所ナイロビ支部の算出基準に基づいて算出)
・宿泊場所の提供(スタッフとの共同生活になります)
・現地での制作に係る交通費
・現地での制作・展示に関わるコーディネート
・滞在活動支援費=最大5万円まで
・食費=¥1,000×滞在日数
・旅行保険
・帰国報告会のための国内交通費

【応募方法】
これまでの活動の内容がわかるポートフォリオ(形式自由)に、以下の書類(形式自由)を添えて、西尾工作所まで郵送してください。
・ナイロビレジデンスでの活動プラン
・プロフィール(過去の活動歴、展覧会歴がわかるもの)
・郵便番号、住所、氏名(グループ名と代表者名)、氏名ふりがな、生年月日、電話番号、携帯電話番号、E-mailアドレスを記載したもの
*映像資料、音資料の提出を希望される方は、DVD/CD(10分以内)を添付してください。
*資料の返却を希望される方は、着払いの送り状を記入の上、同封してください。
●送付先住所
〒116-0012
東京都荒川区東尾久4-38-8
西尾工作所 西尾美也 宛

【応募時期】
2010年6月21日(月)〜2010年8月31日(火)
*この期日を過ぎて到着した応募書類は受付いたしません。
*資料に不備のある場合は応募を受付いたしません。

【選考方法】
西尾工作所ナイロビ支部による第一次審査を通過したアーティストのみ、選考アドバイザーとの協議によって審査されます。
●選考アドバイザー
熊倉純子(東京藝術大学教授)
日比野克彦(アーティスト/東京藝術大学教授)
ジミー・オゴンガ(アーティスト/Nairobi Arts Trust代表)

【審査基準】
・西尾工作所ナイロビ支部の理念を考慮していること。
・ナイロビレジデンスでの活動プラン以上に、過去の活動に重点を置いて審査します。
・現地でのさまざまな事情により、活動プランは変更を余儀なくされる場合があります。活動に対する柔軟な姿勢を有していることも審査の基準となります。

【結果発表】
時期:2010年10月上旬
*第一次審査の途中結果発表はいたしません。
*最終結果は、全応募者にE-mailにてお知らせいたします。
*審査の経緯、結果に関する個別のお問合せは受け付けていません。

【所有権および著作権の扱い】
・完成作品の所有権は、選出アーティストに帰属するものとします。現地制作された作品の日本への輸送を希望される場合、それに係る費用は選出アーティストの個人負担となります。
・完成作品の著作権は、選出アーティストに帰属するものとします。
・選出アーティストは主催者に対し、制作風景や作品展示、ワークショップ時の記録写真を広報目的で各種媒体に掲載することなど、利用する権利を無際限的且つ無償で許諾するものとします。

【個人情報の取り扱いについて】
お預かりした個人情報は、選考に関する作業に限り利用し、いかなる第三者にも提供いたしません。ただし、選出アーティストの氏名のほか、選出アーティストと主催者との間で別途合意される情報については、本プログラムの性質上、公表されることをご了承ください。


□サポーター募集
【協賛のお願い】
西尾工作所ナイロビ支部の諸活動をご理解いただき、「ナイロビレジデンス」を支援してくださる個人・企業サポーターを募集しています。支援金は現地での制作費や、ケニアと日本での展示報告会、記録集に係る費用に充てさせていただきます。

【個人サポーター】
ご支援金額:一口5,000円より。
特典:
1. 「ナイロビレジデンス」に係る日本での各種イベントや展覧会にご招待いたします。
2. 「ナイロビレジデンス」記録集をお届けします。
3. ナイロビのお土産セットをお届けします。

【企業サポーター】
ご支援金額:一口50,000円より。
特典:
1. 「ナイロビレジデンス」に係る印刷物やホームページ、DVD映像に協賛企業として御社名を掲載いたします。
2. 「ナイロビレジデンス」に係るイベントや展覧会で協賛企業として御社名を明示いたします。
3. 「ナイロビレジデンス」記録集をお届けします。
4. ナイロビのお土産セットをお届けします。

【お申し込み方法】
メール、電話、郵送にて随時受け付けております。「サポーター希望」と明記の上、お問い合わせ先まで、お名前とご連絡先、ご支援金額をお知らせください。ご入金方法は下記の口座に直接お振込をお願いいたします。

【お振込口座】
(金融機関名)三菱東京UFJ銀行(銀行コード)0005
(支店名)日暮里支店(支店コード)180
(預金種別)普通(口座番号)0049684
(名義人)西尾工作所 西尾美也(ニシオコウサクショ ニシオヨシナリ)



2.トークイベント
□Tokyo Art Research Lab 世界の現場からTalk&Cast Vol.2
西尾美也 in ケニア「ナイロビ・アートプロジェクト」


これまでのナイロビ・アートプロジェクトの様子と、来年3月に予定している企画第3弾について語ります。

日時:2010年7月5日(月)19:00〜20:30(18:30開場)
会場:Tokyo Artpoint Project Room 302
(東京都千代田区外神田6-11-14 [3331Arts Chiyoda 3F])
参加費:無料 ※申し込み不要
ゲスト:西尾 美也(現代美術家)
ホスト:森 司(東京アートポイント計画 ディレクター)
http://www.bh-project.jp/artpoint/app/talkcast02-01.html


--
西尾美也|Yoshinari NISHIO
http://yoshinarinishio.net
--
西尾工作所|Yoshinari Nishio Workshop, Tokyo
〒116-0012 東京都荒川区東尾久4-38-8
4-38-8, Higashiogu, Arakawa-ku, Tokyo, 116-0012, JAPAN
tel▶ +81-(0)90-8759-6679 | e-mail▶ info@yoshinarinishio.net
--
西尾工作所 ナイロビ支部|Yoshinari Nishio Workshop, Nairobi
Room 352, Kihonge Apartment, Quarry Road, Ngara, Nairobi, KENYA
tel▶ +254-(0)208-050855/ +254-(0)724-550979| e-mail▶ ynw.nairobi@gmail.com
url▶ http://ynw-nairobi.blogspot.com/



★☆☆☆★☆☆☆★☆☆☆★☆☆☆★☆☆☆★☆☆☆

NAP開催にむけて、実行委員はイベントの企画も次々とすすめています。
決まり次第、順次アップしてまいります。

NAPスタッフブログ(このページです)
http://nara-art-prom.seesaa.net/

NAPホームページ
http://www.nara-art-prom.com/


を、ぜひあなたのお気に入りにご登録ください。


Twitter も始めました。フォロー宜しくお願いします。
http://twitter.com/NARA_ART_PROM





posted by 実行委員会 machi/ at 23:54| Comment(0) | 奈良アートプロムについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月19日

〔アート情報〕チャッピー岡本の「世界スマイル計画U」

アート情報紹介のコーナーです。
今回は、NARAコテンパンダン展 参加作家 古川千鶴さんからの情報です。

奈良県立図書情報館で
6月15日(火)〜7月4日(日)開催中。

「世界スマイル計画 II」 チャッピー岡本のカブリモノとダンボール家具展

世界スマイル計画U.jpg

奈良図書情報館メインエントランスホールに、カブリモノ作品とダンボール家具たちが勢揃い。
「ん?図書館でアーティストの個展???」 と不思議がることなかれ。
奈良図書情報館は、ただの図書館ではなーーーい!!

図書館+情報館、その名のしめすとおり、「発信する図書館」。
ほぼ毎週開催中といってもいいくらいのメインエントランスでの展覧会、
全国から参加希望があるコアなシンポジウム、視点の面白いイベントなどが、年間を通して目白押し。
ライブラリー オブ ザ イヤー2009  優秀賞に輝いた、他図書館からも注目を集める、とてもファンの多い図書館なのです。
2009年9月のプレイベント NAP公開会議vol.1 では、乾 聰一郎氏 (奈良県立図書情報館 企画・広報担当)をゲストにお迎えして、奈良から発信する現代美術のイベントプロジェクトを来場者の皆様とともに語り合いました。


この注目の図書情報館で、昨年大好評だったチャッピーさんの展覧会が、グレードアップしてカムバック。
チャッピー岡本さんは、メディアにも多数出演、カブリモノの本も出版されるなど、多方面で精力的に活躍中のカブリモノ作家。

今回の「世界スマイル計画 II」 には、イラストレーターの古川千鶴さんがコラボレーション参加されています。
古川さんは色使いがとても印象的な作家さん。
この春には、ならまちにある服・靴・小物の素敵なお店「風の栖」で個展をされました。
その個展は、作家さんとお店の雰囲気がとてもよくマッチしていて、
いつまでも観ていたい居心地の良い展示となっていました。
(NARAコテンパンダン展では、古川さんの展覧会会場は、「風の栖」ふたたびです!今から楽しみですね。)

「風の栖」春の個展での古川さんの作品は、淡い感じの色使いだったのですが、今回の「世界スマイル計画 II」 コラボでは超ポップだったり、キュートだったり。
チャッピーさんがつくった原型に、古川さんが装飾をほどこすという手法で制作されたコラボカブリモノは、
ラインストーンやビーズや造花で飾られていて、とてもセンス光る、まるで舞踏会の帽子たちのよう。

頭部にカブリモノをかぶった無地ダンボール人型の体部分には、
これも美しい古川さんの手によるペイントがなされ、
本当にダンボールとは思えない 夢のような仕上がりになっています。
ひとつひとつの人型には おとぎ話の登場人物のようなタイトルがつけられています。

微笑みながらラインストーンで涙する
「一人ぼっちの紫のお妃」の前に立つと、なんだかせつなくて
ダンボール体部分の意味深で繊細なイラストは、尾をひいてこころに残るのでした。

チャッピーさんは折り紙でもカブリモノを展示されるなど、身近な素材で簡単に楽しめることを提案。

おりがみ カブリモノ.jpg

会期中にはなんと!自分だけのオリジナルかぶりものがつくれる
「カブリモノ変心塾」
ワークショップが10回も開催されます!
参加するチャンス! 誰の中にもあるちょっとした変身願望、でもどうやって変身したらいいかわからないという人、お集まりください〜。
チャッピーさんが手取り足取り(?)やさしくたのしくカブリモノ奥義を伝授。
ワークショップのタイトルが「変心塾」なのがミソ。
そう、ひとつカブリモノをかぶるだけで、いつもと違った自分。
かぶると、まるで中身も変わるかのような。 錯覚?? それとも覚醒??


カブリモノ変心塾.jpg

日常が非日常へ、ふと変わる瞬間。そこにあるアートの醍醐味を自分自身で味わう瞬間。
けれど、「アートっていったいなに?」「アートっていったいどうやって味わうの?」と感じている人にとっては、
アートって少し近づきがたいものなのかもしれません。
チャッピーさんはそんな近づきがたさを、
「アートって特別に難しいものでもなんでもない。味わいかたのきまっているものでもない。
すきなように自分でたのしんでいいものなんだ。」 と
カブリモノをとおして、体験していただくことをひろめる伝道師。

ワークショップに参加してアートに一歩近づく人、
自由でいいんだと自分を肯定できる人、
変心して満足な人、さまざまな方がそれぞれの気持ちで楽しんで参加されるなか、
共通しているのは皆、満面の笑顔で帰って行かれることだそう。
お子さんたちは、カブリモノをかぶったそのままの姿で帰って行かれることもあるのだとか。
楽しいことをみつけることが、
ちいさなしあわせに直結している。
これって すごく心踊ること。



チャッピーさんのポリシーはその作家名に込められています。
チャッピーとは「change + happy」の
造語。


ここでご本人 チャッピーさんからの一言メッセージ。

「カブリモノで世界のみんなを笑顔にしたい!」 そんな思いで作品展&イベントを開催します。

初のカブリモノ・ファッションショーもしますので是非、お越し下さい!!


観て楽しい、かぶって楽しい、作って楽しいと、三度おいしい展覧会。
さらに古川千鶴さんとのコラボレーションで四度おいしい。
と、思いきや、実はまだとっておきの五度目のおいしいが!!
コラボ参加は古川さんだけではなかった!!


6月26日(土) 
13:30〜
15:30〜 

カブリモノ・ファッションショー開催!!

メインエントランスホール展覧会会場にて(申込み不要・無料)




カブリモノ ファッションショー.jpg

このショーは、チャッピーさん制作の奈良世界遺産建築や四神をモチーフにしたカブリモノと、
奈良女子大学のファッションショーサークル Nara Colle (ナラコレ)とのコラボ企画。
衣装制作とモデルをNara Colleが担当。
奈良をテーマにデザイン画を自分たちで描くところからはじめ、型紙をおこし、裁断、縫製、
そしてモデルのレイナさんの指導のもと、
ショーの完成を目指すNara Colle メンバーたちのランランとした目の輝き。

MC  南 舞さん
音楽 DJメグさん
カブリモノ制作・プロデュース チャッピー岡本さん

ショーにはパフォーマンスアーティストとして machi/  も登場。
(えー、みなさま、実はこの記事はmachi/が執筆しております。)
(ショーとパフォーマンスの組み合わせ、いったいどうなることやら?!?!?
 machi/ も今までにファッションショーとコラボした経験はなく、 うううう 挑戦と冒険です。)


というわけで、噛めば噛むほど 何度もおいしい、
香りのよい洒落たチューインガムのような展覧会になっています。
(あるいはmachi/ の登場シーンのみ、イカの燻製のような洗練されないおいしさかもしれませぬが。 うぐぐぐ〜)

ぜひぜひ皆様 展覧会&ワークショップ&ファッションショーにお越しくださいませ。
愉快なチャッピーさんの作品&古川さんの美しい色&素敵なナラコレメンバーたちのショー
そしてイカ燻製machi/ のパフォーマンスを観に 
奈良図書情報館へ GO!!!


世界.jpg

世界2.jpg


posted by 実行委員会 machi/ at 04:38| Comment(3) | アートに関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月16日

〔アート情報〕高橋秀夫の世界

みなさま、こんにちは。
妄想転職ist  machi/です。

本日はNAP整体院へようこそ。
どこかが痛むんですね?
では静かにお話しながらほぐしていきましょうね。

体がほんのすこし痛むときには、自分でもできるいろいろな治療法が思い浮かびますね。
自分で痛むところに手をあてたりすることもそのひとつ。
手から伝わる温もりは血行を良くし、精神的な安心も得られます。

同じように心がほんのすこし痛むときにも、いろんな対処法がありますね。
音楽を聴く、本を読む、お散歩をする、etc。
でも自分で自分の心に手をあてるように対処するよりも、
もうすこしぬくもりが伝わってくる自分が楽でいられる居場所があればいいのにと思ったことはありませんか?

初めて訪ねて行ってもゆっくりと座っていられる無理のない場所。

まるでさりげなく心に手をあててくれているかのような気がする不思議な場所。


「ろ」と「つづきの村」
はそんなあたたかさあふれるスペースです。



奈良ではオーガニックの元祖的存在、八百屋「ろ」 
隣接するスペース「つづきの村」

「つづきの村」ではあたたかいお茶を飲んだりご飯を食べることもでき、
また、さまざまなイベントに出会うこともできます。


カフェギャラリーというのはよくみかけますが
なんで八百屋さんでイベント??と思うことなかれ。
そこには理念を越えた哲学があるのです。
オーナーの高橋秀夫さんは詩人でもあり、とても気さくなお人柄の方。


店名の「ろ」は、 いろはの「ろ」。 
二番手でいこうという精神には、余裕もあり、自由もある。

NARAコテンパンダン展にも参加される高橋秀夫さんのイベントが
「つづきの村」で行われます。

6月20日「日」
高橋秀夫の世界 
       〜言葉を話す〔放つ)・詩・音楽・舞・映像〜


ゲストには、同じくNARAコテンパンダン展参加作家の「亜子米」さん、
NAPグループ展参加作家の「塚本佳紹」さんも登場。


塚本佳紹さんからのメッセージ

−−−−−−−−−

オーナーの高橋秀夫さんの新作小説の朗読の後、イメージの断片を即興表現映像を使って行います。
狭いスペースですが、雰囲気は大変良い場所です。
「ろ」はコテンパンダン展でも参加がございます。
ご存知な方もそうでない方も、お時間ございましたら、是非いらしてください。



6月20日「日」
高橋秀夫の世界 
18時30分 喜捨 ゲスト多数あり
       〜言葉を話す〔放つ)・詩・音楽・舞・映像〜


つづきの村
八百屋ろ・0742-48-1076
 奈良県奈良市学園朝日町4−4
 (近鉄学園前駅の北口より、歩いて8分ほど。)


(料金など詳細は、直接お店へお問い合わせください。
 ワンドリンクと投げ銭の模様)





人と静かに話すこと、ゆっくりとお茶を飲むこと、何もせずぼーっとすること、時には空の美しさにみとれて立ちすくむこと。
どれも行為としては簡単なことだけれど、
追われるように生活し、簡単なことができずにすぎていく時間のなかだけでは、こぼれ落ちていくものも多いのかもしれません。


さて、お話をしながら 体はじゅうぶんほぐれたでしょうか?
この画面をご覧の方も、一度背伸びと深呼吸をしてみませんか?

自分で自分を痛めないように生活することも大切なこと。
無理をせず、ストレスをためず、と言っても、そうはいかないことも多々あるでしょうが。
またすこし疲れたなと思ったら、早めにおいでくださいね。
NAP整体院 「アートが人をあたためる」 ことを信じて営業中です。





posted by 実行委員会 machi/ at 04:21| Comment(0) | アートに関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月09日

NAPボランティア説明会 開催


NAP ボランティア説明会 開催


みなさま、こんにちは。
3分間 NAPクッキングのお時間、アシスタントの machi/ です。
今日は、旬のおいしいNAPとの出会い方について、お料理してみましょう。


本日の素材
NAP(奈良アートプロム)

調味料
ブログをご覧の皆様 


NAPを皆様との出会いでもっと美味しくしてください。
まろやかに しみわたる味に。あるいは刺激的な味に。
それともなつかしい故郷の味?



☆☆☆★☆☆☆★☆☆☆★☆☆☆★


古都・奈良で、現代アートは市民権を得ているとは正直申し上げにくい現状です。
奈良には歴史がある。文化財がある。でも、今を生きる人のアートはどこにあるんだろう?
そんななか、理念をもって動き出そうとしているNAPの第一回目、
現代美術同時多発展 2010年10月の開催まで、あとわずか四ヶ月となりました。

NAP開催までの期間がどんどん迫ってくるにつれ、
希望のもてる展開もたくさんでてきました。
しかし実行委員はまだまだ手探りで走りまわっています。
いったいNAPをどうやって育てて、どんな味のあるものにできるのか?試行錯誤の連続です。
「なんでこんなしんどいこと、やってるんやろ〜」と自分自身の胸にぼやきつつ、けれど、実行委員ひとりひとりの胸には実現したときに味わえる美しい織物のような料理が見えているのです。

本当に美味しいものに出会ったとき、
その素材×調味料のおりなす抜群のセッションに、いったいどうしてこんなものがうまれたのかと感動することがあります。

そのとき心にうかぶ調味料とは、単に味をつけるための塩や砂糖だけを指すのではないと感じます。

素材を育んだ自然、祈りにも似た人の手の暖かさ、素材自体の生命力。
料理となるまでの過程の、それらさまざまなものすべてが調味料となって素材に織り込まれている。
まるで美しい織物のように。
それは素朴でありながら溶け合い絡み合い、舌の上をころがって次なる活力をうみだす。
NAPもそうでありたい。


たくさんの方と出会いたい。

6月27日(日)NAPボランティア希望者への説明会を開催します。

実行委員にまでなるのはちょっとな〜と迷っておられた方、
この機会にぜひNAPにひと味加えてくださる調味料となっていただけませんか?

現代美術がすきな方、人とかかわるのがすきな方、
プランを実現させるのに燃える方、力仕事が得意な方、etc.
あなたの得意なことでOKです。


ボランティアさんの活動期間は
2010年9月下旬〜10月中旬
(メイン会場の会期は10月2日〜10月11日)
メイン会場の会期中、
一日だけのご参加でもかまいません。


ボランティアに参加するかどうか考え中の方、
ぜひ気軽にのぞきにきて下さい。
NAPの代表ってどんな人? なんていう興味津々・動機不純も受付……するかどうかは ??? ですが、当日会場に野村代表もいます。(握手可。たぶん。)
ふだん走り回っている実行委員も、この日は会場の中では走りません。(廊下は走らないでねって小学校で習いました)

人の心と身体にしみわたる美味しい料理のような、記憶に残る10月を一緒につくりませんか? 
あなたのご参加 お待ちしています。

ボランティアの応募・お問い合わせはこちらまで
http://www.nara-art-prom.com/info/boshu_vlntr.htm

〒630-8243 奈良市今辻子町32-2
      Gallery OUT of PLACE内
      NAP実行委員会 ボランティア係
TEL/FAX 0742-26-1001
e-mail contact@nara-art-prom.com



☆☆☆★☆☆☆★☆☆☆★☆☆☆★


はーーい、NAP×皆様 で、たくさんの美味しいものが期待できそうですね。
ちなみに、わたくしの得意料理は
「コーンフレークの牛乳かけ」と
「缶詰のつぶつぶコーンを開けてそのままたべる」です。 ←実話。

どうやらお料理アシスタントは失格のようですね。
というわけで、次回もまた仮想転職して登場しまーす。おたのしみに〜。




NAPボランティア説明会

日時 : 6月27日(日)
     14:00 〜 15:30

会場 : アートスペース上三条
     奈良県奈良市上三条町4


     (NAPプレvol.1 の会場にもなったギャラリーです)


参加ご希望の方は
「ボランティア説明会参加希望」とお書きの上、
お名前、お電話番号、参加人数(お友達と参加など)を明記して下記アドレスへ事前にご連絡ください。
(当日のご参加も可能です)


e-mail contact@nara-art-prom.com

  




ぴかぴか(新しい)
  ご参加 お待ちしております



posted by 実行委員会 machi/ at 04:01| Comment(0) | 奈良アートプロムについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。