最近の記事

2010年09月30日

西尾美也さんワークショップ参加者募集のお知らせ

ファッションを通したコミュニケーションをテーマに活躍する
西尾美也さんのワークショップが、
奈良で開催されます。



衣服は私たちが日々当たり前に身につけているものです。
ふだんわたしたちはズボンをかぶったり、カーディガンを履いたりはしません。
また、今でこそ非難されることは少なくなってきたものの
男性がスカートを履いたり、女性がスーツを着てネクタイを
締めるということもありません。
衣服には扱い方のルールがあります。

それだけでなく、わたしたちは衣服を通してじぶんを表現しようとします。
わたしたちは常に衣服を通じて見られたいじぶんを演出します。
だから、他人の服はなんとなく着心地が悪かったり、
落ち着かなかったりします。
それは、衣服が第二の皮膚のようなものだからかもしれません。


現代美術や衣服を通したコミュニケーションというと、
なんとなく難しいように感じてしまいます。
でも、例えば衣服に定められている扱い方のルールを少し破ってみたら・・・。
他人の衣服と取り替えたり、性別の違う衣服を着てみたりしたら・・・。
今まで当たり前だと思っていたルール、
じぶんという存在、
友だちや家族や社会との関係
そんなものがまったく違ったものとしてみえてくるかもしれません。
西尾さんの作品の魅力とは、そんな身近な衣服を通じて、
今まで知っていた世界とはまったく別の世界を見せてくれることです。



今回開催されるワークショップでは、
「こどもたちX現代美術」と題し、未来を担うのこどもたちに
一線の現代美術を今から体験してもらおうというものです。
もちろん大人の参加も大歓迎です。
大ブレーク寸前の作家が直接指導する地元でのワークショップ
という大変貴重な機会です。
今年を逃すと次はいつあるかわかりません。


まだまだ参加者募集中です。
是非この機会に現代美術の面白さに触れてみませんか?


・・・

NAP ワークショップ 2010 西尾美也「 ぶつぶつぞうふくワークショップ」

現代美術家:西尾美也を講師に招き、こどもたち(小学3〜6年生)と、その家族や大人たちが
参加します。グループに分かれて、会場に展示された仏像の大サイズポスターを見ながら、仏像
に着せる服を、古着を材料に共同制作していきます。完成後は野外に展示し、記念撮影します。
10月3日(日) 10:00-17:00 (途中、約1時間の休憩あり)
奈良県立図書情報館 1F 交流ホール 共催:奈良県立図書情報館
奈良市大安寺西1-1000 tel : 0742-34-2111


参加者を募集しています。
●3年生から6年生の小学児童とその家族
 (2人1組、あるいは3人1組。親子、兄弟など組み合わせは自由です。)
 参加費1組\1,000- 定員25組 先着順 児童単独の場合、参加費\500-
●大人単独でのご参加も受け付けます。参加費1人\1,000- 定員20名 先着順
●見学希望者 無料 定員約100名 見学の場合予約不要 当日直接会場にお越し下さい。


詳しくは
http://eventinformation.blog116.fc2.com/blog-entry-471.html
参加のお申し込みは
http://www.library.pref.nara.jp/event/event_moushikomi.html


西尾さんのHP
http://yoshinarinishio.net/

西尾美也Yoshinari Nishio
1982 年 奈良県生まれ
2010 年 東京藝術大学大学院美術研究科博士後期課程在籍中。装いの行為とコミュニケーションの関係性
に着目し、市民や学生との協働によるプロジェクトを国内外で展開している。
2010「 レゾナンス共鳴」 サントリーミュージアム[天保山]
2009 越後妻有アートトリエンナーレなど、多数
posted by 実行委員会 オオタ at 10:36| Comment(0) | 奈良アートプロムについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月29日

〔自己紹介じゅずつなぎvol.25 / 玉野 由理〕


Logo2.jpg

NAP実行委員自己紹介


〔名前〕 玉野由理

〔性別〕 女

〔肩書き〕 Tamari / Yuri Tamano

〔実行委員会での役割〕 グラフィックデザイン

〔奈良の好きな場所とその理由〕

●奈良公園と春日山原始林
植物・動物・人間がそれぞれに作用しあいながら共存してる、誇るべき世界遺産。
ただ、奈良公園内の鹿たちが少しぽっちゃりしているのが心配です。

●佐保川沿い
桜並木の佐保川沿いは、
春に自転車で走り、桜のトンネル・桜吹雪につつまれると、
うちとそとの世界の幅が一気に狭まり、うちには一番奥まで広がります。

●奈良自転車道・森の道
法隆寺から平城宮跡を抜けて奈良駅まで続く「奈良自転車道」。
私は24号線付近・平城宮跡付近からきたまち付近までの道を自転車で通りますが、
まるでこの50年は変わってないかのような景色があり、
私はここでもまた、うちとそとの世界の幅が一気に狭まり、広がります。


〔読者に一言〕

奈良ならNara。
いろんな奈良に、出会っていただきたいです。




自己紹介じゅずつなぎ 次回はNAP代表 野村ヨシノリさんです。





posted by 実行委員会 machi/ at 00:52| Comment(0) | 実行委員自己紹介じゅずつなぎ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月28日

〔自己紹介じゅずつなぎvol.24 / 森田 進〕

PhotoOUTofPlace001.jpg
(Photo OUT of PLACE)


NAP実行委員自己紹介


〔名前〕 森田 進

〔性別〕 男

〔肩書き〕 建築家(一級建築士事務所susumulab)

〔実行委員会での役割〕 会場設営助言

〔奈良の好きな場所とその理由〕

山部赤人の墓と伝わる石碑のある場所から見る額岳(大和富士)の風景。
その雄大な風景には息をのむ。

田子の浦ゆ うちい出でてみれば真白にそ 富士の高嶺に雪は降りける

海から眺める富士の雄姿をこう詠んだ赤人は
遠く離れた古里のもうひとつの富士(額岳)へと
その想いを馳せたのだろうか。

そう思ってこの風景を眺めると
宇陀の山並みが大海原に見えてくる。



〔読者に&自由に一言〕

奈良と現代アートというの組み合わせに
ぼくは全く違和感がない。
いや、寧ろ、
何故もっと激しいアートの動きが此処から起こってこないのか
不思議なくらいだ。

奈良→古都→神社仏閣→仏像→古色→伝統→歴史
といったステレオタイプな連想の中では
現代アートなど相容れない真逆の存在かもしれない。
でも、この奈良が持っている時間の堆積こそが
突き抜ける新しいアートの発酵土壌となるのだ、とぼくは思う。

平城京跡に立ってみると、1300年前の突き抜けた現代が蘇ってくるではないか。
御祭には最先端の映像をも震撼させる表現があるし
十二神将の造形に現在のフィギュアを超えた未来のロボットの姿が見えてくる。

折り重なる時間の層は、畏敬すべき超現代なのか、
唾棄すべき目の上のたん瘤なのか、はたまた愛すべき玩具なのか。
この奈良というフィールドは何があってもおかしくない、はず。

そんな予感に満ちて、NAPの扉は
今開かれる。



自己紹介じゅずつなぎ 次回は玉野由理さんです。





posted by 実行委員会 machi/ at 00:08| Comment(0) | 実行委員自己紹介じゅずつなぎ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月24日

〔自己紹介じゅずつなぎvol.23 / 吉田 知沙子〕


NAP実行委員自己紹介


〔名前〕 吉田 知沙子

〔性別〕 女

〔肩書き〕 持ちたい肩書きに向けて奔走中

〔実行委員会での役割〕 ボランティア

〔奈良の好きな場所とその理由〕

場所というより雰囲気。
長い歴史を持つ古都であるのに、
現代美術しかり、アンダーグラウンドなサブカルチャーしかり、
選ばず溶け込ますおおらかな雰囲気が大好きです。



〔読者に一言〕

柔らかい感性、心の解放を。



自己紹介じゅずつなぎ 次回は森田進さんです。





posted by 実行委員会 machi/ at 23:42| Comment(0) | 実行委員自己紹介じゅずつなぎ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

〔アート情報〕告知:音楽イベント「しりあがり現象!」

「ノ、ノムラ博士ーっ!!」
「どうしたんじゃ、助手のツカヤマ君」
「じ、実験実験成功ですわ!!」
「おお、でかした!! これで音楽の未来は明るいぞ!!」

 ――というわけで、実験的な音楽で実験的な一夜をすごしてみたいとお思いのあなた。ほら、そこの実験的な顔のお兄さんも、そちらの実験的なヘアスタイルのお嬢さんも。10月9日の夜を、実験的な古都奈良で、実験的に過ごしてみませんか?

 ■■奈良アートプロム(略称:NAP)では、音楽イベント「しりあがり現象!」を開催いたします。■■


 NAP招待作家・しりあがり寿氏が、サマー・ソニックにも出演した自身参加のバンド・OBANDOSで、自作楽器のはちゃめちゃフリーセッションを決行!
 盟友のエレクトロニック・ミュージシャン・萩原佳明氏サイモンガー・モバイルも加わって事態は混沌の極みへ!
 関西からはエクスペリメンタル・ジャズ・グループSJQがクールな即興演奏を展開予定。
 刺激満載でお届けするNAPの音楽イベント、ぜひご来場ください!

20100924214946
NAP2010音楽イベント「しりあがり現象!」

  2010年10月9日(土)
会場:奈良・もいち堂[(株)明新社 旧工場]


20100924214944
住所:奈良市橋本町36
近鉄奈良駅より徒歩5分、JR奈良駅より徒歩10分
「もちいどのセンター街」を入って奈良キャラクターグッズショップ「絵図屋」を越え、
右手の路地を入って2軒目。旧スポーツショップミツハシとなり。


開場17時 終演21時(予定)
料金:メール予約:2000円 / 当日2500円
NAPオリジナルTシャツ着用で当日料金から500円引き

メール予約:nap.concert@gmail.com
予約人数、名前を明記のうえ、ご連絡ください。
料金の精算は当日会場にて受け付けます。



※参加アーティスト※

20100924214940
◆OBANDOS(オバンドス)http://www.youtube.com/obandostv
 安齋肇(イラストレーター、ソラミミスト)のもとに集まったメンバー、朝倉世界一(漫画家)/白根ゆたんぽ(イラストレーター)/しりあがり寿(漫画家)/高橋キンタロー(イラストレーター)/薙野たかひろ(イラストレーター)/なんきん(漫画家)/パラダイス山元(マン盆栽作家)/ミック・イタヤ(ビジュアルアーティスト)で結成。
 シリーズ展覧会「工作展」を開いていたメンバーらが、「楽器を自分たちで工作してバンドを結成、そして京都でライブ!」をテーマに、2008年夏、東京原宿にて「工作展・新楽器」を開催。バンド「OBANDOS」を結成し、目標通り京都にてライブを決行。東京でのライブも成功をおさめ、国内最大級の音楽フェスティバル「サマーソニック2009」にも出演を果たした。


20100924214945
◆萩原佳明http://www.hagiplan.com/
 1973年3月31日佐賀県生まれ。東京大学文科I類中退。
 しりあがり寿氏とともにプログレッシヴ・ロックバンド「まぼろち」で活動するかたわら、本業であるプログラミングの知識を活かし、さまざまなものを音楽へとエンコードすることをテーマにソロ活動を行う。特に2008年発表の「時刻表の音楽 ―山手線のために―」は、時刻表をプログラムで変換して音楽を生成するという斬新な内容が一部マニアに受け、あの高円寺円盤のチャートで2ヶ月連続1位を獲得したほか、ガジェット好きのためのオンラインマガジン「ギズモード・ジャパン」やカナダのエレクトロニカラジオ番組「LeVestibule」などで取り上げられた。


20100924214943
◆サイモンガー・モバイルhttp://www.kinet.or.jp/simonger/】【http://twitter.com/smgfnk
 ニンテンドーDS、iPod touch、カオシレーターなどを使って歌モノのファンクをやってみようという試みで2008年から活動開始。
 会場ウケは毎回そこそこ取るが、それが次回ライブの動員に繋がらないのが目下の悩み。


20100924214942
◆SJQ 【http://www.dubdb.com/sj/
 SJQは、魚住勇太(ピアノ)、米子匡司(トロンボーン)、ナカガイトイサオ(ギター)、アサダワタル(ドラム)、大谷シュウヘイ(ベース)そして人工生命によるプロジェクト。ループを用いず、一つ一つの音と音がドミノのように連鎖反応させることで、音楽が生まれ、展開する。演奏はコンピュータなどで、生演奏をリアルタイムで音響処理を行う、ライブエレクトロニクスという手法で行われる。



※参加パフォーマンス・アーティスト※
20100924231941
◆S+PAC(スパック)
 S+PACとはソロで活動するパフォーマンスアーティストたちの集合体。
発表がある度にメンバーが集うため、代表もメンバーも流動的。2010年5月 滋賀県にて2日間でコンセプトの異なる5作品を発表。今回のNAPでは何がとびだすか???




「ノ、ノムラ博士ー!! たたた大変です!」
「どうしたんじゃね、助手のカギ君、騒々しい」
「大変です博士、実験室が……実験室が、爆発しました!!」
「うむ。それでよいのじゃ。シリア産ニガリとシチリア産シリカゲルとの融合反応が起こり、900万ジゴワットの電流が発生、いよいよ「しりあがり現象!」が始まるのじゃ! そして人類の音楽は新たなステージへと踏みだすのじゃよ。さあ、アサリ大佐も、ブログ読者の諸君も、もいち堂へ急行せにゃなりませんぞ!!」

 ――というわけで、皆様お誘いあわせの上、是非ともお越しくださいませ。


 中村ケイタロウでした。
posted by 実行委員会 中村ケイタロウ at 22:16| Comment(0) | アートに関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月23日

〔自己紹介じゅずつなぎvol.22 / 田中 冬一郎〕

suna.jpg

NAP実行委員自己紹介


〔名前〕 田中 冬一郎

〔性別〕 男

〔肩書き〕 輪音プロジェクト代表/中之島4117メンバー

〔実行委員会での役割〕 アートプロム大阪方面広報担当

〔奈良の好きな場所とその理由〕

”奈良ファミリー”
大学の4年間バイトで働いた場所なので。
想い出が沢山つまっているので。


”鹿の太郎”
奈良公園の鹿に”太郎”と名付け、
せんべいを介した愛情を育んだので。


〔読者に一言〕

大阪から奈良に関わる中で感じたのは、
奈良の人達の地元への深く穏やかな愛情。

いい空気がながれてますので、
皆さま是非一緒に楽しい時間を過ごしましょう。



自己紹介じゅずつなぎ 次回は吉田知沙子さんです。









posted by 実行委員会 machi/ at 16:56| Comment(0) | 実行委員自己紹介じゅずつなぎ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月22日

〔自己紹介じゅずつなぎvol.21 / 岡部 太郎〕


NAP実行委員自己紹介


〔名前〕 岡部太郎

〔性別〕 男

〔肩書き〕 財団法人たんぽぽの家 スタッフ


〔実行委員会での役割〕 資金繰り関係アドバイス。
               デザインのアドバイス(ほんのちょっとですけど・・・)
 

〔奈良の好きな場所とその理由〕

好きな場所:昨年までの平城宮跡
理由:門以外になにもない、という残し方が素晴しい、と思っていました。


〔読者に一言&自由に一言〕

私は群馬出身で、本格的に奈良にきたのは2001年です。
関西弁もままならない私ですが、奈良でこのような企画に関われたことは非常に幸運です。
季節はやっと涼しくなりましたが、奈良はこれから熱くなります。




自己紹介じゅずつなぎ 次回は田中冬一郎さんです。






posted by 実行委員会 machi/ at 06:09| Comment(0) | 実行委員自己紹介じゅずつなぎ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

〔1300年の記憶〕NAP本部の夜の夢(その1)


20100921233339

 こんにちは。中村ケイタロウです。
 涼しくなりました。秋です。奈良アートプロム(略称:NAP)もいよいよ本番直前です。

 先週のある夜も、僕はNAP本部ビル5階オフィスに一人で残ってパソコンに向かっていました。
 秋の夜のオフィスは、淋しいです。昼間は大勢いるスタッフも、今はひとりも残っていません。
 画面には、美術作家のみなさんから寄せられた画像ファイルがずらり。色とりどりの美しいモザイクを描いています。
 机の上にはラジオ。城達也さんの「ジェットストリーム」が終わると、真夜中のニュースが始まります。

「××国で爆弾テロがありました」
「○○国では、○○将軍の戦争犯罪を裁く国際法廷が開かれています」
「◇◇国では、麻薬密売組織と政府軍の銃撃戦がありました」

 世界は、憎しみと痛みと悲しみに満ちている。

 そう気づいた瞬間、僕の中に小さな悪魔が宿ります。全てが色あせ、パソコンの画面がモノクロになったような気がしました。
 
 こんなに苦しみでいっぱいの世界で、美術に意味なんてあるんだろうか?

「うふふふふ」
 女の子の笑い声を背後に聞いたのはそのときだった。僕は椅子から跳びあがりそうになり、振りかえった。
「だれですか、あなたは。コテンパンダン展作家の○○さんですか」
「あたし? あたしは、この世ならぬもの。語り得ぬもの。アルファとオメガの間にいない女の子。たとえて言えば、キミの心の中に住む小悪魔って感じ?」
「なるほど、小悪魔ヘアに小悪魔メイク、小悪魔アクセに小悪魔ワンピ」
 首を傾けて微笑む『小悪魔』は、書類棚に腰かけて、ほっそりした脚を組んでいる。
 たしかに小さい。身長十五センチほど。でも意外に大人だ。二十七、八歳くらい?
「サルトルが言ったわ、『飢えて死ぬ子供の前でNAPは有効か』って。現代美術なんて、おなかいっぱい食べている先進国の、平和な時代の人間の道楽にすぎないんじゃないか。キミは今、そう思ってるんでしょ?」
「それは……」
「その通りよ。キミたち人間は、やたらとブンカとかゲージュツとか口にするけど、ほんとはそんなもの、全然大切に思っちゃいないんだ。そんなのただの遊び。ケーザイとかセージとかのために、簡単に踏みにじっちゃうんだ」
「い、いや、そうとも言いきれない」
 僕はやっとの思いで反論する。
「この奈良の街では、1300年もの間、古いものが守られつづけてきた。アメリカでさえ爆弾を落とさなかった。多くの人の意志が守ってきたおかげで、奈良公園は昔のままの……」
「何それ。鼻でフフンって笑っちゃおうかしら」
『小悪魔』は鼻でフフンと笑った。
「キミは、奈良の1300年の歴史を、平和なお花畑か何かみたいに思っているの? それでよく『1300年の記憶』なんて記事を書けるよね」
「べ、勉強はしてます」
 人間ですらない相手に、僕はなぜか敬語になってしまう。
「もうちょっとお勉強したほうがよさそうね。この世界のほんとうの姿を、キミに見せたげる」

 言うが早いか、『小悪魔』は書類棚から宙に舞い、あっけにとられた僕の眉間にダイブする。僕は激しいめまいをかんじる。全てが暗くなり、ログオフする感じ。
 モニターの画面が消え、蛍光灯が消え、窓の夜景が消え、机が消え、僕が消える。
 深い闇の中に。

(つづく)

20100921233947


(本番直前になってあえて場違いな記事を書いてみようという試みの結果、この文章はなぜかフィクションです。NAP本部ビル5階オフィスなんて存在しません。城達也さんの「ジェットストリーム」の放送はずいぶん前に終了しました。怒らないでくださいね)


  中村ケイタロウ(http://home.att.ne.jp/blue/nakamu1973/index.html
posted by 実行委員会 中村ケイタロウ at 00:02| Comment(3) | 【連載】 1300年の記憶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月20日

第二回ボランティア説明会が開かれました

 こんにちは。中村ケイタロウです。

 NAPも本番直前。だからこそ、NAPにあんまり関係のない記事を書いてやろう、なんてひねくれたことも考えていたりするのですが、今回はまじめにやります。実行委の活動報告です。
 9月19日、第二回ボランティア説明会が開かれましたよ。場所は、会期中にNAP本部が設置される、餅飯殿(もちいどの)通りのOKビル2階です。
20100920020031
(↑入り口の様子。ポスターにマジックで書かれた文字、知的な人柄がにじみ出てくるようなすばらしい達筆ですね)

20100920020032
(↑受付風景)

 18人のボランティアのみなさんにご出席いただき、本番に向けての連絡事項、スケジュールなどを確認。2週間後に迫ったNAPの機動部隊がいよいよ本格的に組織されてはじめておりますよ。
20100920020033
(↑野村代表が巧みな話術で会場を魅了)

 もちろん、われわれ実行委員もボランティア。協力、協賛いただいている企業や団体も含めて、手弁当で集まった有志の皆さんの力で、NAPは支えられています。
20100920020034
(↑大勢お集まりくださいました)

 ボランティアとして参加したいとおっしゃる方、まだまだいらっしゃるかもしれません。興味がおありでしたら、下のリンク先をご覧ください。よろしくお願いいたします。

(ボランティア募集ページ http://nara-art-prom.com/info/index.htm#vlntr


 
posted by 実行委員会 中村ケイタロウ at 02:21| Comment(0) | 奈良アートプロムについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月19日

〔自己紹介じゅずつなぎvol.20 / AAAsaaREE 〕

浅利さん写真.jpg

NAP実行委員自己紹介


〔名前〕 AAAsaaREE

〔性別〕 男

〔肩書き〕 イベントスペース・cafe sample white room管理人など
http://samplewr.exblog.jp/

〔実行委員会での役割〕 10/9音楽イベント企画・運営スタッフ

〔奈良の好きな場所とその理由〕

東大寺・二月堂。
特に元旦の朝5時ぐらいが良いです。ここ数年の恒例行事。平日の深夜もオツ。
生駒山までを一望するナイスなロケーションとお堂の厳かな雰囲気がなんとも心地よい気分にさせてくれます。


〔読者に一言〕

音楽イベントの準備、すごく楽しくやってます。
NAP自体がそうなんですけど、めちゃDIYでインディペンデントな感じです。
まあ、金が無い、と言ってるようなもんだけど笑、
そういうときにこそマジックは起きたりする!んじゃないかと。たぶん起きます。
準備がこれだけおもしろいんで、当日は、もっと、ですね。

出演者に関していうと、
NAP招待作家のしりあがり寿さんも参加しているバンド・OBANDOSを筆頭に、
普通の音楽からは逸脱しまくりの一筋縄ではいかない感じ。
どのアーティストもお客さんとの関わりでどんどんパフォーマンスがおもしろくなると思うんで、
臆せず(?)ガンガン参加していただけたら幸いです。
詳しくは来てのお楽しみということで、会場にてお待ちしてます!




自己紹介じゅずつなぎ 次回は岡部太郎さんです。






posted by 実行委員会 machi/ at 10:04| Comment(0) | 実行委員自己紹介じゅずつなぎ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

〔アート情報〕sample white room 音楽イベント

みなさん、こんにちは。久々の登場、DJ machi/です。
実は、わたしは音楽に詳しくありません。(DJのくせにって言わないで。 DJですから。)
さまざまなアートの分野あれど、詳しくない分野の作品を鑑賞するとき、
みなさんはどんなことを手がかりにされていますか?

今回、浅利さんからのアート情報は、
音楽に詳しい彼が、わかりやすく作品の魅力を解説する文章自体がとっても魅力的。
なぜ浅利さんが音楽にこだわるのか、そのスタンスが香ってきます。
では、さっそくその文章へ GO!
 
◇◆◆◆◇◆◆◆◇◆◆◆◇◆◆◆◇◆◆◆

皆さん、こんにちはー。NAP実行委員の浅利と申します。
NAP期間中10/9開催の音楽イベント「しりあがり現象!」の企画担当をしています。


NAP2010 音楽イベント
「しりあがり現象!」
2010. 10. 9 sat. 開場 17時 (21時終演予定)
会場:奈良・もいち堂((株)明新社 旧工場)

詳細:http://www.nara-art-prom.com/event/index.htm



NAP自体も音楽イベントもいよいよ本番間近、ということで、
急ピッチで準備を進めております。刺激的な企画にしますのでぜひぜひご来場くださいね!

さて、そんな忙しいときに自分のことで顰蹙ものですが、
ワタクシ絡みの音楽イベントの告知をさせてください(怒られるかな・・・)。
僕は奈良にてsample white roomというイベントスペースの運営を行っているのですが、
下記イベントを同会場にて行います。それではさっそく。

◇◆◆◆◇◆◆◆◇◆◆◆◇◆◆◆◇◆◆◆

23日のメインアクト・radiosondeは、「気球から眺めた音の風景画を描く」というコンセプトのもと、
ギターを核に、さまざまなエレクトロニクスサウンドと共に、イマジネーションに富んだ世界を作り上げるインストゥルメンタル・デュオ。
ソロでは、サウンド・インスタレーションを発表したり、音についてのワークショップを行うなど、
アートの文脈とも接点をもちながら活動を行っている二人です。
radiosondeの音楽は、何か強い意味をもってこちらに訴えかけてくるでもない、
だからと言って、流して聴ける安易な音楽ではない、
という、確かに風景画を見るときの態度に近いものがあるなあー、といま書きながら思ったんですが笑、
ぜひ会場に居合わせてその音に浸っていただきたい二人組です。お薦めです!

◇◆◆◆◇◆◆◆◇◆◆◆◇◆◆◆◇◆◆◆

25日の主役、N.O.Nは、ギター、チェロ、ギターという編成の京都のトリオ。
メンバーそれぞれ、現代音楽をはじめ、古今東西のアヴァンギャルド音楽の熱心なリスナーでもあり、
そのサウンドはかなり実験的、先鋭的なのですが、
どこかポップ・ミュージック(スピッツやミスチル大好きなメンバーがいます)の大衆性も捨て切れていない、
何となく人懐っこい、前衛ロック(?)グループです。
(?)は「ロックって言っちゃっていいのかなー」という僕の迷いでもありますが笑、
実際ホントにジャンル分けの難しい(?)な音楽でもあります。
おそらくあまり聴いたことのないサウンドをお楽しみ頂けると思います。
当日はNAP音楽イベントにも参加してくれる実験ジャズグループ[SJQ]も出演!充実の内容です。
刺激に飢えている方はぜひぜひー。


radio sonde.jpg


■9/23(thu/holiday)
radiosonde monsoon tour 奈良公演
at sample white room

open18:30 / start19:00
charge:1800yen

act:radiosonde / miku-mari / musika-nt
「気球から眺めた音の風景画」を描く東京発の先鋭デュオ、奈良にて初ライブ!
繊細で凛として鳴り響く極上のサウンドをたっぷりと!

more info:http://samplewr.exblog.jp/15004400/




nonevent-omote-1.jpg


■2010/09/25(sat) @奈良sample white room
"N.O.Nニューアルバム"いきり勃った俺の記憶”・リリースパーティ"
at sample white room

open18:30 / start19:00
charge:1800yen


京都発のアヴァンロック・トリオ、初の音源リリース!
彼らがリスペクトを捧げる2組のアーティストを迎え、
エクスペリメンタルなライブを展開!

LIVE:N.O.N / SJQ /松浦達彦

more info: http://samplewr.exblog.jp/14932727/



posted by 実行委員会 machi/ at 09:52| Comment(0) | アートに関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月17日

〔自己紹介じゅずつなぎvol.19 / 密門 裕範〕

imai.jpg

〔写真は、今井町の町並み〕



NAP実行委員自己紹介


〔名前〕 密門 裕範

〔性別〕 男

〔肩書き〕 自由人

〔実行委員会での役割〕 橿原方面統括

〔奈良の好きな場所とその理由〕

イオンモール橿原アルル 大きな本屋とタワレコがあり、夜遅くまで開いているから

明日香 のどかな風景と空いている道路

吉野 大自然!!



〔読者に一言〕

今回は、橿原方面でのコテンパンダン展のとりまとめを担当しております。
江戸時代の町並みがそのまま残る幻想的な雰囲気の今井町での
約30名近くの作家さんの展示は、
きっと見ごたえがあると思いますので、ぜひお越し下さい!!



自己紹介じゅずつなぎ 次回は AAAsaaREE さんです。







posted by 実行委員会 machi/ at 03:54| Comment(0) | 実行委員自己紹介じゅずつなぎ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

〔アート情報〕オーケスト前で武内祐人さんのライブペインティングが行われます!

コテンパンダン展の会場として参加のIvoryより
武内祐人さんのライブペインティングのお知らせです。


会場は、NAP本部のあるオーケスト前の広場。
ライブ終了後にはNAPメンバーがお邪魔して、
NAPのPRもありますよ〜。


みなさん、お買い物がてら、遊びにきて下さいね!


・・・


◯武内祐人ライブペインティング
日時:9月26日(日)午後3時〜
会場:OK広場(餅飯殿センター街オーケスト前)



180×180cmの大きなパネルに、ライブで絵を描きます!
ダイナミックな筆の運びや色彩を楽しみながら、
1枚の作品が完成するまでをじっくりご覧ください。


ginza.jpg

liveokest.jpg


◯お問合わせ
(有)アイボリー
〒630-8373 奈良市南市町23-1
tel. 0742-20-1210
e-mail. ivory1@dream.com
url. http://www.ivory1.com



・・・
posted by 実行委員会 オオタ at 01:30| Comment(0) | アートに関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月16日

〔アート情報〕御所の空き地展

御所地区でコテンバンダン展の一環として
開催される展覧会のお知らせです。


葛城山のふもとに広がる昔ながらの農村風景に、
どんな現代美術が展示されるのでしょうか。
イベントも併せて楽しみな展覧会です。


・・・


御所の空き地展
2010年10月2日(土)〜11日(月・祝)
10:00〜17:00(初日16:00〜、最終日〜16:00)


◯開催地
奈良県御所市櫛羅2381

◯問い合わせ
梅田 
携帯:090-7343-8197/メール:saechawan@ezweb.ne.jp


◯イベント
10月2日(土)  16:00〜 オープニングイベント&パフォーマンス
10月3日(日)  13:00〜 長!!ズボンパフォーマンス
10月9日(土)  15:00〜 「ティタンの会」(投げ銭)
10月10日(日) 15:00〜 長〜い流しそうめん

梅田さんに送付チラシ表.pdf


・・・


葛城山麓のとある空き地で展覧会
牛のいない牛小屋
裏のお墓
神社
竹やぶ
かりんの木
きしむ階段
おおきな木箱
屋根裏部屋の窓からの眺め
車の行きかう県道
家が門
農家のおじいさん
ぽっとん便所
虫の声
それぞれの作品
おばあちゃんの声
水たまり
お地蔵さん
エトセトラ、エトセトラ
何かあると思いますよ

posted by 実行委員会 オオタ at 01:32| Comment(0) | アートに関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月15日

〔自己紹介じゅずつなぎvol.18/ いいだ むつみ〕


NAP実行委員自己紹介


〔名前〕 いいだ むつみ

〔性別〕 今世は“産む性”だった

〔肩書き〕 音の葉をつむぐ人

〔実行委員会での役割〕 頭つっこんでるだけ状態

〔奈良の好きな場所とその理由〕

時空を越える場所。
二月堂の裏はいつもだが、奈良にはそれがあちこちにある。


〔読者に&自由に一言〕

奈良に生まれ、育ち、たぶんずっと奈良に居るのだろう。
その奈良に思いがけない風が吹き出し、
これを傍観してるだけでは あまりにももったいないと思った。

〔奈良〕という固定観念から一歩出る勇気を、住む人も来る人も皆で共有できれば
“何か” が動くと感じる。

過去も現在も未来もつながっている。
奈良における〔物語〕は、見えるモノと見えないモノ、聞こえるモノと聞こえないモノの
共存で成り立っている。
芸術(アート)は “無” と “有” の橋渡しのひとつだろう。 たぶん。




自己紹介じゅずつなぎ 次回は密門裕範さんです。





posted by 実行委員会 machi/ at 03:19| Comment(0) | 実行委員自己紹介じゅずつなぎ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月13日

第2回ボランティア説明会を開催します

「奈良アートプロム(通称NAP)」では
イベント運営のお手伝いをしてくださる
ボランティアさんを募集しています。


来る9月19日(日)実行委員会本部が置かれる
餅飯殿(もちいどの) OKビル2Fにて
ボランティア説明会を開催します。



この秋、奈良のまちがアートに染まります。
「奈良アートプロム(通称NAP)」は
奈良で初めて開催されるアートイベントです。
グループ展、コテンパンダン展だけではなく、
ライブイベント、ワークショップと内容は盛りだくさん。
しかし、いかんせん、わたしたち実行委員には
自分たちだけで取り仕切る力が足りません。

どうかみなさんのお力を貸して下さい!!



・・・


◯日時
2010年9月19日(日) 14:00〜15:30


◯場所
餅飯殿(もちいどの) OKビル2F

奈良市餅飯殿町41



◯内容
NAP開催中のイベントスタッフ(会場係・WS・ライブなど)
の役割りや体制について、ボランティアマニュアル(活動の手引き)
を使って説明します。
プロジェクター投影をしながら、
NAP開催をみなさまとイメージしたいと思います。
また、ボランティアのみなさんの
会期中のスケジュール調整を個別に確認します。




◯当日のスケジュール

13:30 受付開始
14:00 野村代表のあいさつ
     NAPプレゼン
     ボランティア活動のご説明、
     スケジュール・注意事項の確認
     質疑応答
15:00 「ボランティア活動保険」加入手続き
     開催時のスタッフスケジュールの確認
     スタッフTシャツ受け渡しなど

終了は16:00頃の予定です。



・・・


今からでもボランティアに参加したい!
ボランティアって何をすればいいの?
ボランティア興味あるけど・・・。
やる気マンマンな人はもちろんのこと、
迷っている人も悩んでいる人も、

ぜひ説明会へ!

posted by 実行委員会 オオタ at 23:03| Comment(2) | 奈良アートプロムについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

〔自己紹介じゅずつなぎvol.17 / 越智 喜子〕

越智さん写真.jpg

NAP実行委員自己紹介


〔名前〕 越智 喜子 (おち よしこ)

〔性別〕 女

〔肩書き〕 主婦 (写真を撮っています)

〔実行委員会での役割〕 ボランティア Tシャツプロジェクト

〔奈良の好きな場所とその理由〕

鴻池陸上競技場の裏の丘

悩み事があったり、のんびりしたい時によく行きました。
芝生に寝転んで雲の流れを見ていると
悩んでいることがとても小さいことに思えてきます。



〔読者&自由に一言〕

私は人に説明できるほど現代美術に対して
知識を持っているわけではありません。
でも、美しいとか、面白いとか、好きか嫌いか、
そういう単純な気持ちで鑑賞してもいいと思うのです。
『面白かった』、『来てよかった』、『参加してよかった』と
思っていただけるように、実行委員は頑張っています!
難しく考えず、とにかく見に来ていただきたいです。



自己紹介じゅずつなぎ 次回はいいだむつみさんです。





posted by 実行委員会 machi/ at 03:19| Comment(0) | 実行委員自己紹介じゅずつなぎ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今週の実行委員会

9月に入り、実行委員会は週1回に。
いよいよ本番が近づいてきたと、
実行委員一同どうしよ〜と焦りやら緊張やらで
てんやわんやしております。

一個問題が解決すれば、2個発生、
というような状況ながらも、
少しずつですが、着々と歩みを進めておりますので、
ご安心を。



そんな実行委員にも、今日はうれしいニュース。
イベント期間中、コテンパンダン展の開催場所に掲示する
NAPのサインが完成しました!

例のカイナラタクシービルにて手作業で
縫製やステンシルを着々とこなす姿は、
まるで一つの工場のよう。
手作りなので、プリントのカスレや布のほつれが
一つひとつ違った表情を見せてくれています。


TS360089.JPG

初めてのイベントですもの、不安はつきもの。
でも始める前にそんなことを言っても、
しょうがありません。
何より、実行委員が楽しまなければ!!
美しいものへの感動、常識を覆される作品を見た時の驚き、
現代美術から得られるわくわくやどきどきを、
私たち自身が何よりも待ち遠しく思っています。
そんなわくわくやどきどきをみなさんとも分かち合えたいのです。



NAP開催期間中は町中に、このサインがはためいています。
このサインを見かけたら、ちょっと立ち寄ってみてくださいな。
posted by 実行委員会 オオタ at 00:03| Comment(0) | 奈良アートプロムについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月12日

〔1300年の記憶〕敢えてクイズですー

 NAP開催直前ですが、空気を読まずに敢えてクイズでーす。
 ジャンルは、地理・歴史。

 以下の12のヒントから、ある都市の名前を当ててください。

(1)中国の隣の、細長い国に、その都市はあります。

(2)その都市は、中国文明の影響のもと、その国で最初の恒久的な首都として建設されました。

(3)そして、中国の影響を受けながらも、その国の個性的な文化の出発点となりました。

(4)仏教文化が栄えたその都市には、いまでのたくさんのお寺や神社があり、旅行者の人気を集めています。

(5)街の西側には、古代の宮殿の遺跡が地下に埋もれており、ユネスコ世界遺産になっています。

(6)その都市のかつての名前は、漢字で3文字。そのうちの1文字は、「城」です。

(7)現在の都市名を漢字で書けば、2文字になります。

(8)その国とアメリカとのあいだで激しい戦争がありましたが、その都市は奇跡的に昔の姿を残しています。

(9)旧市街の真ん中には、さまざまな伝説を持った池があります。水はあまり澄んでいませんが、風情のある水辺を、市民や観光客がいつも散策しています。

(10)旧市街には、細い道が迷路のようになった町並みがあります。近年では、古い町家を活用したおしゃれなカフェや雑貨屋さんも人気です。

(11)「天の原 ふりさけみれば 春日なる 三笠の山に いでし月かも」で知られる歌人、阿倍仲麻呂が、その都市で暮らしていたことがあります。

(12)西暦2010年、その都市は、遷都以来の節目の年を迎えました。


 さて、みなさん、どこの都市かわかりましたか?
 


 以下、解答編です。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

◆答えは、奈良です。
◆答えは、ハノイです。


(1)奈良は、日本国の都市です。
(1)ハノイは、ベトナム社会主義共和国の首都です。

(2)奈良は、日本で最初の恒久的な都でした。
(2)ハノイは、ベトナムで最初の恒久的な都でした。

(3)唐の影響を受けた天平文化が栄えました。
(3)李朝の仏教文化が栄えました。

(4)東大寺、興福寺、元興寺、唐招提寺、薬師寺、春日大社などなどたくさんあります。
(4)文廟、一柱寺、キムリエン(金蓮)寺、バクマー(白馬)神社、ゴクソン(玉山)神社などなどたくさんあります。

(5)平城宮跡は世界遺産です。
(5)タンロン(昇龍)遺跡は世界遺産です。

(6)かつての名前は、「平城京」
(6)かつての名前は「昇龍城」

(7)現在の名前は「ナラ」。漢字で書くと「奈良」
(7)現在の名前は「ハノイ」。漢字で書くと「河内」

(8)第二次世界大戦中、空襲をほとんど受けませんでした。
(8)ベトナム戦争中、空襲の被害を受けましたが、壊滅的ではなく、旧市街はほぼ昔のまま残っています。

(9)猿沢池があります。
(9)ホアンキエム湖があります。

(10)「ならまち」の町並みが人気です。
(10)「36通り」の町並みが人気です。

(11)阿倍仲麻呂は奈良出身です。上に挙げた歌は、外国で(中国、もしくはベトナム)で望郷の念をうたったもの。
(11)遣唐使として中国にわたった仲麻呂は、当時中国の支配下にあったハノイの「安南都護府」という役所に6年間つとめました。

(12)西暦710年、元明天皇が奈良を都にさだめてから、今年で1300年です。
(12)西暦1010年、李朝の太祖・神武皇帝がハノイを都にさだめてから、今年で1000年です。

 なんとも不思議な縁を感じませんか?

 Happy 1000th anniversary to Hanoi, from Nara!


20100912084524
ハノイ「36通り」の町並み
20100912084526
ハノイ「一柱寺」
20100912084525
ハノイ「ホアンキエム(還剣)湖」

20100912084527
奈良「ならまち」の町並み
20100912084522
奈良「東大寺 二月堂」
20100912084523
奈良「猿沢池」


中村ケイタロウでした。

(中村ケイタロウ・センター http://home.att.ne.jp/blue/nakamu1973/index.html


posted by 実行委員会 中村ケイタロウ at 09:02| Comment(4) | 【連載】 1300年の記憶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お掃除から補修妖怪へ、そして本番へむけて


DSC00025.jpg

NAPグループ展の会場となる、カイナラタクシービル。

記録的な暑さのなか、このレトロなビルでのお掃除がかなり難航していました。

私もなかなか足を運ぶことができずにいたのですが、
実行委員がお掃除妖怪に変身してコツコツとがんばってくれたおかげで
掃除と片付けがすすんでいました。
(みんなの情熱にありがとう)


片付けのできたビルの内部(撮影 西川元晴さん)

DSC00056.jpg




そして、実行委員は次なる妖怪へと進化していました。
それは……


補修妖怪です!!



すばらしき補修妖怪たち(撮影 おおくぼおさむさん)

DSC00014.jpg

DSC00015.jpg


壊れたところを直すのはもちろんのこと、
その他にメインの仕事として
展示ができるように準備する作業があります。
板を白くペイントして壁に取り付けし、板と板の隙間は丁寧にパテ埋めをし、
さらにもう一度白くペイント。


暑い〜〜〜〜。
いったい、どこが残暑なのか??
とても残り物の暑さとは思えぬぎらぎらの9月に突入しても
さらに作業は続きます。



それでもがんばる補修妖怪たちの姿(撮影 machi/)

DSCN5379.JPG

DSCN5376.JPG

ああ、終わることのない無限地獄……と
実行委員の胸には一瞬、よぎったことでしょう。



DSCN5371.JPG

しかし!!
朝をむかえない夜はない。

(いったい誰の言葉だったか)

やっと、やっととと、作業に目処がたちました。
同時に作家さんとのミーティングなど、
会期本番へむけての準備が本格的になっています。

「ああ、ここで作品がみれるんだな。」
実感をもって、その時が近づいてきました。

ボランティアさんと実行委員の汗と汗と汗と汗ばっかり
涙と時間と労力(時には満面の笑顔)
この会場には、いっぱい詰まっています。

どんな作品と出会えるのか
今から楽しみです。






posted by 実行委員会 machi/ at 04:46| Comment(0) | 奈良アートプロムについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。