最近の記事

2011年05月04日

5月5日は万博公園へ

みなさん、ゴールデンウィークのご予定はお決まりですか?
5月5日は博物館や美術館へ出かけるのにはぴったり。
というのも、観覧無料になる施設が意外とあるんです。


その中でもわたしのオススメは民博
万博公園内にある国立民族学博物館です。
国立民族学博物館というと、世界の民族の社会や暮らしについての展示が盛り沢山!
例えば、アフリカの現代美術作家エル・アナツイの展覧会が行われたりと、
文化人類学や自然科学が中心ですが、美術とも近接した領域を扱っているんですよ。


現在開催中の展覧会は、『ウメサオタダオ展』。
国立民族学博物館初代館長・梅棹忠夫の生涯を紹介する展示です。
この名前を聞いて、京大カードや『知的生産の技術』を思い出す人もいるはず。
これらの展示ではその基礎となった研究活動や、
直筆の京大カード! も見られるんですよ。

梅棹先生は、この本で、人間の知的活動が、あたらしい情報の生産に向けられていることを、
「知的生産」と呼び、ノートの取り方やメモの取り方、それらを整理し、
あたらしい知の体系を作るやり方の方法について、画期的な方法を提案しました。
それはコンピュータの情報整理のやり方にも通じ、
現在にまでビジネスや学問の分野で応用される
数々の情報整理術の基礎をなしたとも言えるほど。
「知的生産活動」に関わる人なら、避けて通れないほどのキーパーソンなのです!



アートの役割のひとつにあるのは、
今の社会で起こっている問題や思想の変化を敏感にとらえ、
それを一つの作品として結晶化していくこと。
物の生産という側面がある一方で、あたらしい価値観を作る。
作品や絵といった「物」を作る以前に、
「知的生産」活動である側面が大きいとも言えるのではないでしょうか。
アーティストのみなさんにとっても、きっと得ることが多いはず。



今年は岡本太郎生誕100周年でもあります。
万博公園で2大巨匠に会う休日なんて、いかがでしょうか。
posted by 実行委員会 オオタ at 22:33| Comment(5) | アートに関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月28日

〔アート情報〕NARAtive2010の作品が再び

先日、お伝えしたNAPが関わるアートプロジェクト「ナラゲージツサイ」で
タッグを組む予定の団体のひとつ、
なら国際映画祭から映画上映のお知らせです。



映画製作プロジェクトNARAtive2010で制作された
『光男の栗』『びおん』が現在大阪のシネ・ヌーヴォで公開中です。



・・・

ちなみにわたしは先月、『光男の栗』の趙曄(チャオ・イエ)監督の『ジャライノール』を見ました。




ロシア国境に近い中国のジャライノールという町の鉱山で働く機関士の話です。
退職する老機関士を慕い、都会まで追いかけてくる後輩の姿を淡々と描きます。
物語らしいクライマックスやセリフらしいセリフやといったものはほとんどありません。
どちらかというとわかりにくいし、いわゆる「泣ける」「いい」話ではありません。

何もない荒野を横断する機関車の姿、
暮れかけの空の下、自転車で2人乗りして帰宅する2人の姿、
初めて都会に出た後輩が華やかさにとまどいながらもとけ込もうとする姿、
それは広大な大地とは対照的な人の暮らしのいじらしさのようなものが感じられる、心を打つ映像でした。
とても見てよかった映画でした。



・・・

機会を逃すと見ることができなくなる作品が多い中、
なら国際映画祭2010で見逃した方にとっては、数少ない上映のチャンスです。
是非お見逃しなく!





posted by 実行委員会 オオタ at 22:41| Comment(1) | アートに関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月19日

〔アート情報〕Swamp Koto -Andy C. Jenkins / Travis Robertson二人展-のお知らせ

NAP音楽イベント班の浅利さんより、展覧会のお知らせです。

・・・


Swamp Koto
-Andy C. Jenkins / Travis Robertson二人展-



http://sukimaindustries.blogspot.com/
会期:2011年4月16日(土)-4月30日(土)
会場:sample white room(cafe sample 2F)
時間:15:00-22:00(会期中無休)
作家:Andy C. Jenkins + Travis Robertson



福井県在住のアメリカ人キュレーターVivtoria Longさんとsukima industiresが共同で行う展覧会です。
米ヴァージニア州・リッチモンド出身のアーティストによる二人展。
豊潤なインディペンデントカルチャーシーンが育まれる同国から、
アートと音楽にインスパイアされたとびきりポップなドローイング&ペインティング、
そしてシルクスクリーンの作品を展示致します。



・・・

Andy C. Jenkins さんの作品は、ユーモラスなキャラクターや
幾何学模様がシンプルな線画で描かれたもの。
Travis Robertsonさんの作品は、ポップな色調のイラストやシルクスクリーンが中心でした。
日本の作品とは違う感じの色遣いやキャラクターの顔がおもしろかったです。
なかなか見ることのできない作品なので、お近くの方はぜひ!



posted by 実行委員会 オオタ at 07:44| Comment(0) | アートに関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月07日

〔アート情報〕映画『ハーブ&ドロシー』佐々木芽生監督トークショー

先日もお知らせしたNAP関連イベントのお知らせです。
ならそら実行委員会のイベント『ハーブ&ドロシー』の佐々木芽生監督トークショーで
奈良アートプロム2010報告集をお披露目させていただきます。


・・・・

奈良アートプロム2010報告集発行記念
映画『ハーブ&ドロシー』佐々木芽生監督トークショー 〜アートの愛の物語〜

http://aalabo.com/2011_4_9.html


日時:4月9日(土)      
   14:30会場 15:00開演(16:30終演)
会場:奈良市ならまちセンター・市民ホール
   奈良市東寺林町38番地
    TEL 0742-27-1151
   http://www17.ocn.ne.jp/~naramcnt/
主催:ならそら実行委員会
入場:無料


お問い合わせ:
art_around_nara@yahoo.co.jp (ならそら実行委員会・アートアラウンド奈良)


プログラム:
 14:30 開場
 15:00 ご挨拶
 15:05 奈良アートプロム2010報告集お披露目(NAP2010実行委員会・野村ヨシノリ)
 15:20 佐々木芽生監督トークショー
 16:30 終演

映画『ハーブ&ドロシー』
http://www.herbanddorothy.com/jp/
http://www.excite.co.jp/ism/concierge/rid_20633/

※ならそら実行委員会は、NAPの実行委員でもあるaalaboのやまもとさんが中心になって、
おもにツイッターで活動されている団体で、
「デザインで、アートで、映画で、音楽で、スポーツで。奈良をつなぐプロジェクト」だそうです。


・・・・

奈良アートプロムからは、
イベントの冒頭で『奈良アートプロム2010報告集』
(B5変型版、68p、4色フルカラー、中綴じ)のお披露目をさせて戴きます。

単なる記録や思い出だけではなく次回の開催に向けて
更に作家さんや協力者を募り、多くの出会いを演出してくれるツールになると期待しています。


(以下、報告集についてのお知らせです)
※尚、当報告集は関係者の皆様(出展作家の皆様、ボランティアの皆様、アドバイザーの方々,実行委員)には
1冊のみ無料で配布させていただく予定です。
(イベント当日配布できるかどうか今の所未定です)

※関係者以外の皆様には1冊700円(税込み)で販売させていただきます。
関係者でも2冊目からは有料700円(税込み)になります。

※同時に報告集制作、配布にあたり、皆様から募金を受け付けております。ワンコインでも結構です。
財政難のNAP実行委員会に、寛大な御理解を賜ります様、心よりお願い申し上げます。

※グループ展など複数でひとつの出展者名で登録された場合には、
登録者全員に無料配布するには、数が足りない可能性があります。
会期中、会場に来て展示(もしくは活動)してくださった方々に優先的に配布する事を何卒ご了承下さい。



報告集完成のお祝いに、みなさんのご来場をおまちしております!
posted by 実行委員会 オオタ at 09:32| Comment(0) | アートに関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月02日

〔アート情報〕佐保川の春 音楽の日・アートの日

ようやく春めいてきましたね。
の知らせももうそろそろです。
奈良の桜の名所のひとつ、佐保川沿いからイベントのお知らせです。

・・・

佐保川の春 音楽の日・アートの日
http://eventinformation.blog116.fc2.com/blog-entry-581.html

・佐保川の春 アートフェスタ
日時:3月23日(水)〜5月8日(日)
会場:奈良県立図書情報館内、庭園
料金:無料
展示作家:吉本直子(布)、河野甲(皮革)、松村晃泰(石)、岩村俊秀(石)、長谷川政弘(鉄)、野崎窮(石、流木)、道北英治(石)


・佐保川の春 音楽の日
日時:4月2日(土)・3日(日)10:00〜17:00
会場:奈良県立図書情報館、佐保川親水空間
料金:無料
※3日(日)14:00〜15:00は、館正面玄関横特設ステージにおいて、ブラスアンサンブル(大阪フィルハーモニー交響楽団員他)によるメインコンサート



・・・


今回のイベントは東日本大震災への義援金を募るチャリティーイベントとして開催されるそうです。
お花見自粛を要請する向きもあるようですが、
桜を眺めて楽しくなる気持ちは誰にだって共通するもの。
それを届けることだって、支援になると思います。
この週末は佐保川でレッツ花見!


posted by 実行委員会 オオタ at 07:56| Comment(0) | アートに関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月25日

〔アート情報〕ポエアク第二弾!


先日第1回目が開催され、好評を博したポエトリー&アクション
第2回目が開催されることになりました。




・・・

ライブミーティング・オブ・ポエトリー&アクション

日時:4月2日(土) 18:30開場、19:00開演
(第1部 19:00- ソロパフォーマンス&ポエトリーリーディング/
 第2部 21:30− 詩と行為の数珠つなぎ(観客参加可)&アフタートーク )
場所:スタジオ・ワルハラ
   http://www.nara-zenei.com/walhalla/index.html
入場料:1000円(1ドリンク&フード)
出演:小野のん子(ゲスト)、亜子米、大橋範子、倉田めば、小林三悠、藤井わらび、三刀月ゆき
連絡、問い合わせ:大橋範子090-7555-1508 /亜子米090-5156-2822

 
・・・

今回の出演は女性ばかりとのこと。
前回とは違った雰囲気になりそうです。
観客参加型のコーナーもあるということなので、
朗読やパフォーマンスに興味がある方は是非ご参加を!



posted by 実行委員会 オオタ at 08:29| Comment(1) | アートに関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月17日

〔アート情報〕しあわせにするデザイン

aalaboのやまもとさんより、プロダクトデザイナーの秋田道夫さんの講演会のお知らせです。

秋田道夫氏講演会「しあわせにするデザイン」
日時:3月19日(土)15:00〜
場所:COMS GALLE
奈良市餅飯殿41メゾンドール奈良パークサイド2階


問い合わせ:問い合わせ:art_around_nara@yahoo.co.jp(aalabo)

詳細はこちらをごらんください。
http://aalabo.com/2011_3_19.html
プロのデザイナーのお話を直接聞ける貴重な機会です。
みなさまお誘い合わせの上ご参加ください。

posted by 実行委員会 オオタ at 10:17| Comment(0) | アートに関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月25日

若手表現者の集いに行ってきました!

さる1月22日(土)大阪市役所で開催された
「若手表現者の集い」に行ってきました。

http://nara-art-prom.seesaa.net/article/179753871.html


気温は高くないものの、日差しは春めいてきて、
大阪市役所までの道中、中之島の景色を見ながら歩くのが気持ちのいい日でした。
日曜日の大阪市役所周辺は閑散としており、
入り口にも人気がなく、不安になりかけましたが、
会場となるロビーには100人近くの人が!
展示パネルに熱心に見入る人も多く、盛況でした。


私が行った時は実行委員でもある藝育カフェSankakuさんの発表中でした。
NAPの司会でも発揮されている軽快なトークで会場を沸かせていました。
NAPの発表は第二部のアート系NPOや地域型アートイベントを主催している団体が中心のコーナーです。
コンセプト、運営、アートのとらえ方等々それぞれに個性がありました。
運営の悩みはそれぞれ似通っていて、
常勤職員がいないとかお金がないとか…。
やはりどこも同じなのだなと思いました。



ところで我らが野村代表はというと、
10分の持ち時間のところを、がっつり20分以上トークしていました。
1回目にもかかわらず、開催規模の大きさで
かなり注目を集めていました。

また、シンポジウムを開催したり反省点がクリアになっているなど
1回目だけで終わらせようとしないで今後を見据えている点などが評価され、

コメンテーターのみなさんより
概ね好意的なコメントをいただきました。

残念ながら進行の関係で討論の時間がなかったため、
会場の意見はわかりませんでしたが、
真剣な顔つきでメモを取っている方も何人か見受けられたので、
おもしろく聞いてもらえたのだと思います。
プレゼンはまずまずの成功をおさめたと言えるでしょう。


アート系団体がこれだけ一堂に会する機会はそうそうないので、
行ってとてもためになったイベントでした☆

posted by 実行委員会 オオタ at 12:12| Comment(0) | アートに関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

〔アート情報〕「臨床するアート」奈良セッションのお知らせ

奈良アートプロムでいつもお世話になっている、
たんぽぽの家からのお知らせです。

地域コミュニティや福祉の現場とアートをつなぐ実践をしている団体や
アーティストを迎えてのトークセッションが開催されます。


http://popo.or.jp/info/2011/02/post-33.html


「臨床するアート」奈良セッション
日時:2月19日(土)・20日(日)
会場:たんぽぽの家アートセンターHANA(奈良市)
http://popo.or.jp/access/
定員:各日80人(先着順、定員に達し次第、締切となります)
参加費(資料代・税込み):
一般 両日参加5,000円/部分参加(1日のみ)3,000円
学生・メンター会員 両日参加3,000円/部分参加(1日のみ)2,000円


意外と知られていないかもしれませんが、たんぽぽの家の活動により、
福祉とアートをつなぐ取り組みにおいては奈良は先進的な土地とも言えます。
地域とアートをつなぐという意味においては、
地域型アートイベントに携わる方にも参考になる点が多いのではないでしょうか。




(以下転載)
─────────────────────────────────
■プログラム/2月19日(土)
□講演「アウトリーチはソーシャルマーケティング」
衛紀生/可児市文化創造センター館長兼劇場総監督

□事例報告&ディスカッション
「小児病棟がミュージアムになる」
丹後幾子/大阪市立大学医学部付属病院看護部副部長
神田美子/京都大学医学部付属病院小児科ボランティアグループ
「にこにこトマト」代表
西澤真樹子/大阪市立自然史博物館を拠点としたサークル
「なにわホネホネ団」 団長
コーディネータ
高橋真理子/山梨県立科学館主任学芸主事、山梨県立大学非常勤講師
交流会(事前にお申し込みください)
─────────────────────────────────
■プログラム/2月20日(日)
□事例報告&ディスカッション
「ケアに役立つ!?――ダンサーはなぜ福祉施設に向かうのか」
佐久間新/舞踊家
砂連尾理/ダンサー・振付家
細川鉄平/祥の郷施設長
コーディネータ
西川 勝/大阪大学コミュニケーションデザイン・センター特任教授

□事例報告&ディスカッション
「公共施設の公共性をどう高めるか――文化施設のアクセシビリティ」
梅田亜由美/女子美術大学美術館学芸員
八巻寿文/せんだい演劇工房10-BOX二代目工房長
渡邉和貴/埼玉県福祉部障害者福祉推進課障害者芸術・文化担当主査
コーディネータ
太田好泰/エイブル・アート・ジャパン事務局長
─────────────────────────────────

posted by 実行委員会 オオタ at 11:45| Comment(0) | アートに関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月10日

〔アート情報〕「GITAI+KAGI/2人展」再び!

奈良アートプロム2010「コテンパンダン展」の展示の一つ、
好評を博した「ならまち格子の家」での「GITAI+KAGI/2人展」が、
東京で再び登場します。


http://www.outofplace.jp/TOKIO%20OoP/GITAIxKAGI.html

・・・

GITAI×KAGI type T
擬態美術協会 鍵豪


期間:2011年1月13日(木)〜2月6日(日)
会場:TOKIO OUT of PLACE



TOKIO OUT of PLACE
 オープン:木〜日 12:00〜19:00
 106-0047
  東京都港区南麻布4-14-2 麻布大野ビル3階
 tel/fax 03-5422-9699




ならまち格子の家では、伝統的な町家と
作品の人工的な素材との対比が際立っていました。

擬態美術協会さんの作品は、
回転する金属製の装置から、赤い十字の光が発せられる。
それは、一定速度を保ちながら展示会場全体をなぞる。
あたかも壁や来場者をスキャンしているようでもあり、
その空間を光で切断しているようにも感じられる。
赤い光が体の表面をなぞる時、一瞬身をを切られるのではないかとひるむ。
それが、思わぬ緊張を呼ぶ。

一方の鍵豪さんの作品は、金属製の箱に赤い照明が仕込まれ、
その傍らにヘッドフォンが置いてある。
そこからはサンプリングされた虫の声が爆音で響いてくる。
毒毒しいまでの赤い照明や、加工された大音量の虫の声は、
空間のもつ伝統やあたたかみからはかけはなれている。
両者の作品は、明らかにこの空間の中では異物だ。



日常生活を送っていると、意識しているしていないにかかわらず、
異質な存在からは目を逸らしてしまう。
それは、社会に統合されない他者であったり、
あまりにも極端な主義主張と言えるかもしれない。
しかし、ここでは異物の方が存在を主張する。
この作品では、避けて通れないのに、ふだんそうして見ないふりをしてきた異物に、
まざまざと対峙させられるおもしろさがあった。

今回はホワイトキューブでの展示。
二人の作品は、空間にとって異質なものではなくなるのだろうか。




二人はきっと、奈良アートプロムで見せてくれた世界とは違う、
新たな姿を見せてくれるに違いない。



posted by 実行委員会 オオタ at 22:12| Comment(0) | アートに関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月09日

〔アート情報〕「若手表現者達の想い」に参加します!

NAPがアート系トークイベントに出演することになりました。

http://waon0317.ti-da.net/e2874945.html


伝書鳩プロジェクト 「若手表現者達の想い」

日時:2011年1月22日(土)11:00〜17:00(10:30受付)
場所:大阪市役所1Fロビー
参加費:参加費:500円
申込方法:氏名と連絡先(E-mail、TEL、FAX)を中之島4117まで連絡

※中之島4117(www.4117.jp)
 〒530−0005 大阪市北区中之島4−1−17瑛長ビル1階
 TEL&FAX 06-6445-8577 
 info@4117.jp 



・・・


実行委員で大阪支部として活動している、輪音の田中さんが主催するイベントです。

アーティスト、ギャラリスト、地域型アートイベントを主催している団体、
アートNPOが一同に会し、互いの活動について発表します。

アーティストやアートに興味がある方、
アートマネジメントに関心がある方にとっては、
さまざまなアート関係者と交流を深めるチャンスになるのではないでしょうか。

みなさんのご参加をお待ちしています!
posted by 実行委員会 オオタ at 10:21| Comment(0) | アートに関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月20日

[アート情報]藤川 奈苗 展 "gateway"に行ってきました

グループ展に出展された藤川奈苗さんの個展が、
大阪西天満のギャラリー白にて11月14日から11月19日まで開催とのこと、
最終日の昨日にお邪魔してきました。


・・・


ギャラリー白がある西天満は骨董街。
古美術商が並ぶ老松通を一本はずれた通りにひっそり佇むビルの中にありました。
グループ展での藤川さんの作品では、
壁にドローイングしたり、ひび割れを生かしたりと、
作品と建物とが一体になったかのような展示が記憶に残っています。
こちらの展示では、むしろ作品が迫ってくるような感じ。
グループ展にはなかった作品もたくさん見ることができました。
落ち着いたトーンの色の作品が中心だったグループ展に比べ、
藤川さんが「土の色」とおっしゃっていた、
赤に近い、深みのある茶色が印象的でした。




101119_1456~01.JPG

お元気そうな姿です。
現在は次の個展に向けて準備中とのこと。
これからの作品がますます楽しみだと感じられた展覧会でした。


・・・


藤川 奈苗 展 "gateway"
FUJIKAWA Nanae



2010.11.14-11.19
ギャラリー白

http://galleryhaku.com/

※この展覧会はすでに終了しています。
posted by 実行委員会 オオタ at 00:26| Comment(0) | アートに関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月24日

〔アート情報〕告知:音楽イベント「しりあがり現象!」

「ノ、ノムラ博士ーっ!!」
「どうしたんじゃ、助手のツカヤマ君」
「じ、実験実験成功ですわ!!」
「おお、でかした!! これで音楽の未来は明るいぞ!!」

 ――というわけで、実験的な音楽で実験的な一夜をすごしてみたいとお思いのあなた。ほら、そこの実験的な顔のお兄さんも、そちらの実験的なヘアスタイルのお嬢さんも。10月9日の夜を、実験的な古都奈良で、実験的に過ごしてみませんか?

 ■■奈良アートプロム(略称:NAP)では、音楽イベント「しりあがり現象!」を開催いたします。■■


 NAP招待作家・しりあがり寿氏が、サマー・ソニックにも出演した自身参加のバンド・OBANDOSで、自作楽器のはちゃめちゃフリーセッションを決行!
 盟友のエレクトロニック・ミュージシャン・萩原佳明氏サイモンガー・モバイルも加わって事態は混沌の極みへ!
 関西からはエクスペリメンタル・ジャズ・グループSJQがクールな即興演奏を展開予定。
 刺激満載でお届けするNAPの音楽イベント、ぜひご来場ください!

20100924214946
NAP2010音楽イベント「しりあがり現象!」

  2010年10月9日(土)
会場:奈良・もいち堂[(株)明新社 旧工場]


20100924214944
住所:奈良市橋本町36
近鉄奈良駅より徒歩5分、JR奈良駅より徒歩10分
「もちいどのセンター街」を入って奈良キャラクターグッズショップ「絵図屋」を越え、
右手の路地を入って2軒目。旧スポーツショップミツハシとなり。


開場17時 終演21時(予定)
料金:メール予約:2000円 / 当日2500円
NAPオリジナルTシャツ着用で当日料金から500円引き

メール予約:nap.concert@gmail.com
予約人数、名前を明記のうえ、ご連絡ください。
料金の精算は当日会場にて受け付けます。



※参加アーティスト※

20100924214940
◆OBANDOS(オバンドス)http://www.youtube.com/obandostv
 安齋肇(イラストレーター、ソラミミスト)のもとに集まったメンバー、朝倉世界一(漫画家)/白根ゆたんぽ(イラストレーター)/しりあがり寿(漫画家)/高橋キンタロー(イラストレーター)/薙野たかひろ(イラストレーター)/なんきん(漫画家)/パラダイス山元(マン盆栽作家)/ミック・イタヤ(ビジュアルアーティスト)で結成。
 シリーズ展覧会「工作展」を開いていたメンバーらが、「楽器を自分たちで工作してバンドを結成、そして京都でライブ!」をテーマに、2008年夏、東京原宿にて「工作展・新楽器」を開催。バンド「OBANDOS」を結成し、目標通り京都にてライブを決行。東京でのライブも成功をおさめ、国内最大級の音楽フェスティバル「サマーソニック2009」にも出演を果たした。


20100924214945
◆萩原佳明http://www.hagiplan.com/
 1973年3月31日佐賀県生まれ。東京大学文科I類中退。
 しりあがり寿氏とともにプログレッシヴ・ロックバンド「まぼろち」で活動するかたわら、本業であるプログラミングの知識を活かし、さまざまなものを音楽へとエンコードすることをテーマにソロ活動を行う。特に2008年発表の「時刻表の音楽 ―山手線のために―」は、時刻表をプログラムで変換して音楽を生成するという斬新な内容が一部マニアに受け、あの高円寺円盤のチャートで2ヶ月連続1位を獲得したほか、ガジェット好きのためのオンラインマガジン「ギズモード・ジャパン」やカナダのエレクトロニカラジオ番組「LeVestibule」などで取り上げられた。


20100924214943
◆サイモンガー・モバイルhttp://www.kinet.or.jp/simonger/】【http://twitter.com/smgfnk
 ニンテンドーDS、iPod touch、カオシレーターなどを使って歌モノのファンクをやってみようという試みで2008年から活動開始。
 会場ウケは毎回そこそこ取るが、それが次回ライブの動員に繋がらないのが目下の悩み。


20100924214942
◆SJQ 【http://www.dubdb.com/sj/
 SJQは、魚住勇太(ピアノ)、米子匡司(トロンボーン)、ナカガイトイサオ(ギター)、アサダワタル(ドラム)、大谷シュウヘイ(ベース)そして人工生命によるプロジェクト。ループを用いず、一つ一つの音と音がドミノのように連鎖反応させることで、音楽が生まれ、展開する。演奏はコンピュータなどで、生演奏をリアルタイムで音響処理を行う、ライブエレクトロニクスという手法で行われる。



※参加パフォーマンス・アーティスト※
20100924231941
◆S+PAC(スパック)
 S+PACとはソロで活動するパフォーマンスアーティストたちの集合体。
発表がある度にメンバーが集うため、代表もメンバーも流動的。2010年5月 滋賀県にて2日間でコンセプトの異なる5作品を発表。今回のNAPでは何がとびだすか???




「ノ、ノムラ博士ー!! たたた大変です!」
「どうしたんじゃね、助手のカギ君、騒々しい」
「大変です博士、実験室が……実験室が、爆発しました!!」
「うむ。それでよいのじゃ。シリア産ニガリとシチリア産シリカゲルとの融合反応が起こり、900万ジゴワットの電流が発生、いよいよ「しりあがり現象!」が始まるのじゃ! そして人類の音楽は新たなステージへと踏みだすのじゃよ。さあ、アサリ大佐も、ブログ読者の諸君も、もいち堂へ急行せにゃなりませんぞ!!」

 ――というわけで、皆様お誘いあわせの上、是非ともお越しくださいませ。


 中村ケイタロウでした。
posted by 実行委員会 中村ケイタロウ at 22:16| Comment(0) | アートに関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月19日

〔アート情報〕sample white room 音楽イベント

みなさん、こんにちは。久々の登場、DJ machi/です。
実は、わたしは音楽に詳しくありません。(DJのくせにって言わないで。 DJですから。)
さまざまなアートの分野あれど、詳しくない分野の作品を鑑賞するとき、
みなさんはどんなことを手がかりにされていますか?

今回、浅利さんからのアート情報は、
音楽に詳しい彼が、わかりやすく作品の魅力を解説する文章自体がとっても魅力的。
なぜ浅利さんが音楽にこだわるのか、そのスタンスが香ってきます。
では、さっそくその文章へ GO!
 
◇◆◆◆◇◆◆◆◇◆◆◆◇◆◆◆◇◆◆◆

皆さん、こんにちはー。NAP実行委員の浅利と申します。
NAP期間中10/9開催の音楽イベント「しりあがり現象!」の企画担当をしています。


NAP2010 音楽イベント
「しりあがり現象!」
2010. 10. 9 sat. 開場 17時 (21時終演予定)
会場:奈良・もいち堂((株)明新社 旧工場)

詳細:http://www.nara-art-prom.com/event/index.htm



NAP自体も音楽イベントもいよいよ本番間近、ということで、
急ピッチで準備を進めております。刺激的な企画にしますのでぜひぜひご来場くださいね!

さて、そんな忙しいときに自分のことで顰蹙ものですが、
ワタクシ絡みの音楽イベントの告知をさせてください(怒られるかな・・・)。
僕は奈良にてsample white roomというイベントスペースの運営を行っているのですが、
下記イベントを同会場にて行います。それではさっそく。

◇◆◆◆◇◆◆◆◇◆◆◆◇◆◆◆◇◆◆◆

23日のメインアクト・radiosondeは、「気球から眺めた音の風景画を描く」というコンセプトのもと、
ギターを核に、さまざまなエレクトロニクスサウンドと共に、イマジネーションに富んだ世界を作り上げるインストゥルメンタル・デュオ。
ソロでは、サウンド・インスタレーションを発表したり、音についてのワークショップを行うなど、
アートの文脈とも接点をもちながら活動を行っている二人です。
radiosondeの音楽は、何か強い意味をもってこちらに訴えかけてくるでもない、
だからと言って、流して聴ける安易な音楽ではない、
という、確かに風景画を見るときの態度に近いものがあるなあー、といま書きながら思ったんですが笑、
ぜひ会場に居合わせてその音に浸っていただきたい二人組です。お薦めです!

◇◆◆◆◇◆◆◆◇◆◆◆◇◆◆◆◇◆◆◆

25日の主役、N.O.Nは、ギター、チェロ、ギターという編成の京都のトリオ。
メンバーそれぞれ、現代音楽をはじめ、古今東西のアヴァンギャルド音楽の熱心なリスナーでもあり、
そのサウンドはかなり実験的、先鋭的なのですが、
どこかポップ・ミュージック(スピッツやミスチル大好きなメンバーがいます)の大衆性も捨て切れていない、
何となく人懐っこい、前衛ロック(?)グループです。
(?)は「ロックって言っちゃっていいのかなー」という僕の迷いでもありますが笑、
実際ホントにジャンル分けの難しい(?)な音楽でもあります。
おそらくあまり聴いたことのないサウンドをお楽しみ頂けると思います。
当日はNAP音楽イベントにも参加してくれる実験ジャズグループ[SJQ]も出演!充実の内容です。
刺激に飢えている方はぜひぜひー。


radio sonde.jpg


■9/23(thu/holiday)
radiosonde monsoon tour 奈良公演
at sample white room

open18:30 / start19:00
charge:1800yen

act:radiosonde / miku-mari / musika-nt
「気球から眺めた音の風景画」を描く東京発の先鋭デュオ、奈良にて初ライブ!
繊細で凛として鳴り響く極上のサウンドをたっぷりと!

more info:http://samplewr.exblog.jp/15004400/




nonevent-omote-1.jpg


■2010/09/25(sat) @奈良sample white room
"N.O.Nニューアルバム"いきり勃った俺の記憶”・リリースパーティ"
at sample white room

open18:30 / start19:00
charge:1800yen


京都発のアヴァンロック・トリオ、初の音源リリース!
彼らがリスペクトを捧げる2組のアーティストを迎え、
エクスペリメンタルなライブを展開!

LIVE:N.O.N / SJQ /松浦達彦

more info: http://samplewr.exblog.jp/14932727/



posted by 実行委員会 machi/ at 09:52| Comment(0) | アートに関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月17日

〔アート情報〕オーケスト前で武内祐人さんのライブペインティングが行われます!

コテンパンダン展の会場として参加のIvoryより
武内祐人さんのライブペインティングのお知らせです。


会場は、NAP本部のあるオーケスト前の広場。
ライブ終了後にはNAPメンバーがお邪魔して、
NAPのPRもありますよ〜。


みなさん、お買い物がてら、遊びにきて下さいね!


・・・


◯武内祐人ライブペインティング
日時:9月26日(日)午後3時〜
会場:OK広場(餅飯殿センター街オーケスト前)



180×180cmの大きなパネルに、ライブで絵を描きます!
ダイナミックな筆の運びや色彩を楽しみながら、
1枚の作品が完成するまでをじっくりご覧ください。


ginza.jpg

liveokest.jpg


◯お問合わせ
(有)アイボリー
〒630-8373 奈良市南市町23-1
tel. 0742-20-1210
e-mail. ivory1@dream.com
url. http://www.ivory1.com



・・・
posted by 実行委員会 オオタ at 01:30| Comment(0) | アートに関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月16日

〔アート情報〕御所の空き地展

御所地区でコテンバンダン展の一環として
開催される展覧会のお知らせです。


葛城山のふもとに広がる昔ながらの農村風景に、
どんな現代美術が展示されるのでしょうか。
イベントも併せて楽しみな展覧会です。


・・・


御所の空き地展
2010年10月2日(土)〜11日(月・祝)
10:00〜17:00(初日16:00〜、最終日〜16:00)


◯開催地
奈良県御所市櫛羅2381

◯問い合わせ
梅田 
携帯:090-7343-8197/メール:saechawan@ezweb.ne.jp


◯イベント
10月2日(土)  16:00〜 オープニングイベント&パフォーマンス
10月3日(日)  13:00〜 長!!ズボンパフォーマンス
10月9日(土)  15:00〜 「ティタンの会」(投げ銭)
10月10日(日) 15:00〜 長〜い流しそうめん

梅田さんに送付チラシ表.pdf


・・・


葛城山麓のとある空き地で展覧会
牛のいない牛小屋
裏のお墓
神社
竹やぶ
かりんの木
きしむ階段
おおきな木箱
屋根裏部屋の窓からの眺め
車の行きかう県道
家が門
農家のおじいさん
ぽっとん便所
虫の声
それぞれの作品
おばあちゃんの声
水たまり
お地蔵さん
エトセトラ、エトセトラ
何かあると思いますよ

posted by 実行委員会 オオタ at 01:32| Comment(0) | アートに関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月31日

〔アート情報〕「かんれきもの かんれき式展」in奈良県立図書情報館

現在奈良で開催中の展覧会です。
とっても面白そうです!


************************************************************

「かんれきもの かんれき式展」

会期:8/28(土)〜9/12(日)(会期中9/6休館)
オープン:9時〜20時
場所:奈良県立図書情報館(http://www.library.pref.nara.jp/index.html

企画:デ・メイブーン・ラボ(廣瀬康仁・吉行良平)
グラフィック・ディレクション:鈴木篤(atsushi suzuki design)


1945年〜50年に生まれ、今もなお使われ続けている「もの」たち。
それらの日用品を「かんれきもの」(還暦を迎えた「もの」)とし、
「かんれきもの」とそれにまつわる「思い」を展示しています。
これからのデザインを考える上で、当たり前に生活の中にある
「もの」の寡黙な佇まいから学び取れることは何か。
日頃向き合うことのない「あたりまえ」と改めて向き合うことで
それらを感じ取っていただければ幸いです。

「かんれきもの」
http://www.demeyboomlab.com/kanreki_mani.php
(ウェブサイトのデザインはデ・メイブーン・ラボ)



4.jpg

1.jpg

************************************************************



posted by 実行委員会 ムラタ at 20:05| Comment(0) | アートに関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

〔アート情報〕中之島4117アートマネジメント講座「美術家とつくる現場」

NAP大阪支部の田中冬一郎さんより、
アートインフォメーション&サポートセンター中之島4117
による、「アートマネジメント講座」のお知らせです。


management_201009.pdf

中之島4117では大阪市内を中心としたアート情報の提供や
アート関連書籍のライブラリーを設置するほか、相談事業も行っているそうです。

今回のアートマネジメント講座は、「美術家とつくる現場」
展覧会やアートフェスティバルなどのアートの現場が
どうやって成り立っているのかを、
様々なアートフェスティバルに関わってきた学芸員の講義、美術館見学、美術家とのワークショップなどから
知ってみようという企画です。


ボランティア、作家、アートフェスティバルの実行委員等、
アートに関わる様々な立場の人にとって新しい発見があるかもしれません。

すでに受付中で、先着30名とのこと。
興味のある方はお早めに申し込みを!!
posted by 実行委員会 オオタ at 00:26| Comment(0) | アートに関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月30日

〔アート情報〕福森 創さんより個展のお知らせ

奈良アートプロムのプレイベントvol.2
NAP 公開会議 vol.2 + プレ展覧会 in CASO 
の出展作家福森 創さんから
個展のお知らせです。



・・・

「どりる。」福森 創個展

<日時>8月27日(金)〜9月5日(日)木曜休廊 
    11時〜18時 最終日17時迄

<場所>ギャラリーいろはに (堺市)




・・・


「BIWAKOビエンナーレ2010」

<日時>9月18日(土)〜11月7日(日)
    火曜休み 10時〜17時

<場所>滋賀県近江八幡市旧市街




・・・

そして、もう終わってしまいましたが、

「わくわくKYOTO」

<日時>8月16日(月)〜8月29日(日) 
    15時〜20時

<場所>元立誠小学校


という展覧会も開催されておりました。
・・・

福森さんから

「ご多忙だとは思いますがお時間ございましたら
是非ご高覧宜しくお願い致します。」


というメッセージが寄せられています。

いろはには、なんばや天王寺から30分ほどの
堺の商店街にあるギャラリー、
BIWAKOビエンナーレ開催地の近江八幡市は
京都から30分ほど。
堺にはチンチン電車の阪堺線が走り、
近江八幡には昔ながらの城下町とお堀が残る
風光明媚な場所です。
どちらも、都会では見られないロケーションも見物です。

是非とも足を伸ばしてみてはいかがでしょうか。

posted by 実行委員会 オオタ at 01:21| Comment(0) | アートに関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月26日

〔アート情報〕厚芝ひろみ展のお知らせ

NARAコテンパンダン展出展作家の
厚芝ひろみさんから、個展のお知らせです。


厚芝さんは、本番ではならまちセンターで展示の予定です。


・・・

厚芝ひろみ展
ATSUSHIBA Hiromi Exhibition


20100824.jpg


8/24(火)〜29(日)
12:00~19:00(最終日は18:00まで)
ギャラリーSUZUKI


ギャラリーSUZUKI
〒605-0046
京都市東山区三条通りけあげ[ウェスティン都ホテル京都前]
075-751-0226
地下鉄東西線けあげ駅2番出口徒歩3分

・・・

今回の展示場所ギャラリーSUZUKIがあるのは、
京都の文化スポット、
近代美術館や京都市美もすぐそこなので、
併せてアート巡りなんていうのもいいかもしれません。



NAPプレともいうべきこの個展。
皆さまお誘い合わせの上、是非ご覧くださいませ。


posted by 実行委員会 オオタ at 00:31| Comment(0) | アートに関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。