最近の記事

2011年01月25日

〔アート情報〕「臨床するアート」奈良セッションのお知らせ

奈良アートプロムでいつもお世話になっている、
たんぽぽの家からのお知らせです。

地域コミュニティや福祉の現場とアートをつなぐ実践をしている団体や
アーティストを迎えてのトークセッションが開催されます。


http://popo.or.jp/info/2011/02/post-33.html


「臨床するアート」奈良セッション
日時:2月19日(土)・20日(日)
会場:たんぽぽの家アートセンターHANA(奈良市)
http://popo.or.jp/access/
定員:各日80人(先着順、定員に達し次第、締切となります)
参加費(資料代・税込み):
一般 両日参加5,000円/部分参加(1日のみ)3,000円
学生・メンター会員 両日参加3,000円/部分参加(1日のみ)2,000円


意外と知られていないかもしれませんが、たんぽぽの家の活動により、
福祉とアートをつなぐ取り組みにおいては奈良は先進的な土地とも言えます。
地域とアートをつなぐという意味においては、
地域型アートイベントに携わる方にも参考になる点が多いのではないでしょうか。




(以下転載)
─────────────────────────────────
■プログラム/2月19日(土)
□講演「アウトリーチはソーシャルマーケティング」
衛紀生/可児市文化創造センター館長兼劇場総監督

□事例報告&ディスカッション
「小児病棟がミュージアムになる」
丹後幾子/大阪市立大学医学部付属病院看護部副部長
神田美子/京都大学医学部付属病院小児科ボランティアグループ
「にこにこトマト」代表
西澤真樹子/大阪市立自然史博物館を拠点としたサークル
「なにわホネホネ団」 団長
コーディネータ
高橋真理子/山梨県立科学館主任学芸主事、山梨県立大学非常勤講師
交流会(事前にお申し込みください)
─────────────────────────────────
■プログラム/2月20日(日)
□事例報告&ディスカッション
「ケアに役立つ!?――ダンサーはなぜ福祉施設に向かうのか」
佐久間新/舞踊家
砂連尾理/ダンサー・振付家
細川鉄平/祥の郷施設長
コーディネータ
西川 勝/大阪大学コミュニケーションデザイン・センター特任教授

□事例報告&ディスカッション
「公共施設の公共性をどう高めるか――文化施設のアクセシビリティ」
梅田亜由美/女子美術大学美術館学芸員
八巻寿文/せんだい演劇工房10-BOX二代目工房長
渡邉和貴/埼玉県福祉部障害者福祉推進課障害者芸術・文化担当主査
コーディネータ
太田好泰/エイブル・アート・ジャパン事務局長
─────────────────────────────────

posted by 実行委員会 オオタ at 11:45| Comment(0) | アートに関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月17日

〔アート情報〕ポエトリー&アクションへの招待

奈良アートプロムで刺激的なイベントとして記憶されている
ポエトリー&アクションが年4回のレギュラーイベントとして
開催されることになりました。


さっそく第1回目のイベントが1月29日に開催されます。


http://zatsuzatsukyoyasai.blogspot.com/2011/01/1291830.html

・・・

ライブミーティング・オブ・ポエトリー&アクション

日時:1月29日(土) 18:30開場、19:00開演
(第1部 ソロパフォーマンス/19:00-20:30,第2部オープンマイク/20:30−22:00)
場所:スタジオ・ワルハラ
   http://www.nara-zenei.com/walhalla/index.html
入場料:1000円(軽食付き)

 ※お問い合わせは大橋範子さんか亜子米さんまで。


・・・

始まったばかりの実験的な試み。
奈良でポエトリー&パフォーマンスの実践がどのように根付いていくのか、
これからの展開に期待大です!


posted by 実行委員会 オオタ at 10:34| Comment(5) | ブログに関して | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月10日

〔アート情報〕「GITAI+KAGI/2人展」再び!

奈良アートプロム2010「コテンパンダン展」の展示の一つ、
好評を博した「ならまち格子の家」での「GITAI+KAGI/2人展」が、
東京で再び登場します。


http://www.outofplace.jp/TOKIO%20OoP/GITAIxKAGI.html

・・・

GITAI×KAGI type T
擬態美術協会 鍵豪


期間:2011年1月13日(木)〜2月6日(日)
会場:TOKIO OUT of PLACE



TOKIO OUT of PLACE
 オープン:木〜日 12:00〜19:00
 106-0047
  東京都港区南麻布4-14-2 麻布大野ビル3階
 tel/fax 03-5422-9699




ならまち格子の家では、伝統的な町家と
作品の人工的な素材との対比が際立っていました。

擬態美術協会さんの作品は、
回転する金属製の装置から、赤い十字の光が発せられる。
それは、一定速度を保ちながら展示会場全体をなぞる。
あたかも壁や来場者をスキャンしているようでもあり、
その空間を光で切断しているようにも感じられる。
赤い光が体の表面をなぞる時、一瞬身をを切られるのではないかとひるむ。
それが、思わぬ緊張を呼ぶ。

一方の鍵豪さんの作品は、金属製の箱に赤い照明が仕込まれ、
その傍らにヘッドフォンが置いてある。
そこからはサンプリングされた虫の声が爆音で響いてくる。
毒毒しいまでの赤い照明や、加工された大音量の虫の声は、
空間のもつ伝統やあたたかみからはかけはなれている。
両者の作品は、明らかにこの空間の中では異物だ。



日常生活を送っていると、意識しているしていないにかかわらず、
異質な存在からは目を逸らしてしまう。
それは、社会に統合されない他者であったり、
あまりにも極端な主義主張と言えるかもしれない。
しかし、ここでは異物の方が存在を主張する。
この作品では、避けて通れないのに、ふだんそうして見ないふりをしてきた異物に、
まざまざと対峙させられるおもしろさがあった。

今回はホワイトキューブでの展示。
二人の作品は、空間にとって異質なものではなくなるのだろうか。




二人はきっと、奈良アートプロムで見せてくれた世界とは違う、
新たな姿を見せてくれるに違いない。



posted by 実行委員会 オオタ at 22:12| Comment(0) | アートに関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月09日

〔アート情報〕「若手表現者達の想い」に参加します!

NAPがアート系トークイベントに出演することになりました。

http://waon0317.ti-da.net/e2874945.html


伝書鳩プロジェクト 「若手表現者達の想い」

日時:2011年1月22日(土)11:00〜17:00(10:30受付)
場所:大阪市役所1Fロビー
参加費:参加費:500円
申込方法:氏名と連絡先(E-mail、TEL、FAX)を中之島4117まで連絡

※中之島4117(www.4117.jp)
 〒530−0005 大阪市北区中之島4−1−17瑛長ビル1階
 TEL&FAX 06-6445-8577 
 info@4117.jp 



・・・


実行委員で大阪支部として活動している、輪音の田中さんが主催するイベントです。

アーティスト、ギャラリスト、地域型アートイベントを主催している団体、
アートNPOが一同に会し、互いの活動について発表します。

アーティストやアートに興味がある方、
アートマネジメントに関心がある方にとっては、
さまざまなアート関係者と交流を深めるチャンスになるのではないでしょうか。

みなさんのご参加をお待ちしています!
posted by 実行委員会 オオタ at 10:21| Comment(0) | アートに関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。


NAPにとって初めてのイベントを開催し、
記念すべき年となった2010年。
2011年もNPO法人化や次回イベントに向けて、
前進を続けて行きます!

最初は実よちよち歩きだったNAPですが、
今年は大きな一歩を踏み出そうとしています。
今後も引き続き、みなさまのあたたかいご支援を賜われますよう、
よろしくお願いします。


・・・

さて、シンポジウム終了もつかの間、
最後の大仕事が控えています。
これまでの経過とイベントをまとめた報告集の作成です。

新年第1回目の実行委員会は、報告集の編集会議でした。
あれやこれやと参考になりそうな図録やパンフレットを広げながら、
どんな内容にしていくかを話し合うこと3時間。
あの濃密な10日間が紙面上に再現されるのかと思うとワクワクしてきます。

どんなものができあがるのか!?

みなさん楽しみにしていて下さいね!
posted by 実行委員会 オオタ at 09:55| Comment(0) | 奈良アートプロムについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月20日

[アート情報]藤川 奈苗 展 "gateway"に行ってきました

グループ展に出展された藤川奈苗さんの個展が、
大阪西天満のギャラリー白にて11月14日から11月19日まで開催とのこと、
最終日の昨日にお邪魔してきました。


・・・


ギャラリー白がある西天満は骨董街。
古美術商が並ぶ老松通を一本はずれた通りにひっそり佇むビルの中にありました。
グループ展での藤川さんの作品では、
壁にドローイングしたり、ひび割れを生かしたりと、
作品と建物とが一体になったかのような展示が記憶に残っています。
こちらの展示では、むしろ作品が迫ってくるような感じ。
グループ展にはなかった作品もたくさん見ることができました。
落ち着いたトーンの色の作品が中心だったグループ展に比べ、
藤川さんが「土の色」とおっしゃっていた、
赤に近い、深みのある茶色が印象的でした。




101119_1456~01.JPG

お元気そうな姿です。
現在は次の個展に向けて準備中とのこと。
これからの作品がますます楽しみだと感じられた展覧会でした。


・・・


藤川 奈苗 展 "gateway"
FUJIKAWA Nanae



2010.11.14-11.19
ギャラリー白

http://galleryhaku.com/

※この展覧会はすでに終了しています。
posted by 実行委員会 オオタ at 00:26| Comment(0) | アートに関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月17日

NAP2010を振り返るシンポジウムxNAP大忘年会 開催のお知らせ

気がつけばNAPが終了してから早一か月。
まるで夢のような10日間が過ぎ、
実行委員一同気が抜けたようになっておりました。
しかし、関係者や来場者の皆さまからは
たくさんの叱咤激励の言葉を頂戴しております。
このままうかうかしていられない、
NAPが投じた一石を次回に生かすためにも、

NAP2010を振り返り検証する事を目的にした
シンポジウム
を開催する事になりました。

また
打ち上げを兼ねて大忘年会
シンポジウムに引き続き開催します。


NAPを一度きりのお祭り騒ぎに終わらせず、
10月奈良盆地に燃えた現代美術の灯火を消してしまわわないために、
将来更に強く鋭く燃え盛る火にするために、
是非一人でも多くの方々がこのシンポジウムのご参加下さり
NAPを進化させる力になって下さればと願っています。



・・・


NAP2010を振り返るシンポジウム

会場:和かふぇ あをがき(奈良和み館2F 広間)
 奈良県奈良市高畑町 1071
 Tel.0742-25-2577 (奈良ホテル、大乗院の道路を挟んだ東側)

アクセス
http://worldheritage.co.jp/nagomi/access.html
・近鉄奈良駅から
徒歩15分またはバス5分
・JR奈良駅から
徒歩25分またはバス8分


会期:12月11日(土)

プログラム:(スケジュールは下記参照)
      第1部 シンポジウム 午後3時〜 (約2時間半)出席無料
      第2部 NAP2010打ち上げ+大忘年会(約2時間)
         ※参加費3500円(食事、飲物込)

5名のパネリストが約10分の持ち時間で発表し、
NAP観客や参加アーティストを交えてトーク、
その後一般来場者も交えた質疑応答を行い、
ざっくばらんに話しながらNAPとは何だったのかを振り返ります。

シンポジウムパネリスト(敬称略)
・乾聰一郎(奈良県立図書情報館 企画・広報チーム)
・小吹隆文(アートライター)
・三井知行(大阪市立近代美術館建設準備室学芸員)
・密門裕範(NAP橿原地区イベント統括)
・野村ヨシノリ(NAP代表)

(スケジュール)

[第1部]
14:45 開場

15:00 開始

 ◯パネリストによる発表(各テーマにつき約10分の持ち時間)

 ・「NAPの総括」 
   野村ヨシノリ(NAP代表)
 ・「地域住民や歴史地区保存団体との連携:現場での体験と可能性について」 
   密門裕範(NAP橿原地区イベント統括)
 ・「文化/現代美術を発信する上での公的機関と民間の有機的恊働のあり方」 
   乾聰一郎(奈良県立図書情報館 企画・広報チーム)
 ・「乱立する地域型アートプロジェクトの今後と NAPの立ち位置」 
   小吹隆文(アートライター)
 ・「関西アートシーンから見たNAP
   :ローカルな地域で活動する作家やアートセンターはなにを目指すか?」 
   三井知行(大阪市立近代美術館建設準備室学芸員)

 (休憩 5分)

16:00 観客代表、作家代表を迎えての座談会(30分程度)

  終了後来場者を交えての質疑応答

17:30 終了


[第2部]
18:00 忘年会スタート(同会場にて)
20:00 終了(予定)


・・・

ご参加希望の方は参加人数と下記内容を記入の上、
11月末日までにcontact@nara-art-prom.com
までご返信ください。

皆さまのご来場をお待ちしております。

/////////////////

ご氏名


NAP2010を振り返るシンポジウム(参加無料)に
出席します(参加人数   名)
欠席します

NAP2010大忘年会(参加費3500円(食事、飲物込))に
出席します(参加人数   名)
欠席します

/////////////////
posted by 実行委員会 オオタ at 11:04| Comment(0) | 奈良アートプロムについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月02日

[web]トリリウム終了しました

トリリウムでのNAPブログの掲載を終了しました。


短い期間でしたがご愛読いただき、ありがとうございました。
今後もNAPに関する情報はこちらのブログで
引き続き掲載いたしますので、よろしくお願いします。

posted by 実行委員会 オオタ at 22:39| Comment(0) | メディア掲載・放送情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月29日

観◯光 EXPO 2010開催中

京都のお寺を舞台に開催中の「観◯光(かんひかり)EXPO 2010」に、
しりあがり寿さんが二条城にて「ゆるめ〜しょん」で出展中です。


http://www7b.biglobe.ne.jp/~geijutsunomachi_kyoto/kan_hikari.html

会期は

清水寺 2010年10月28日(木)〜11月7日(日)
二条城 2010年10月28日(木)〜11月7日(日)
泉涌寺 2010年10月28日(木)〜11月7日(日)
圓通寺 2010年10月16日(土)〜11月14日(日)


『オヤジ山水』とはひと味違った世界をお楽しみください。
posted by 実行委員会 オオタ at 09:40| Comment(0) | 出展作家の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[web]トリリウム更新しました

トリリウムのNAPブログ更新しました。

http://www.trillinm.com/NAP.html
posted by 実行委員会 オオタ at 09:21| Comment(0) | メディア掲載・放送情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。